from 雨の街から

作者 広瀬翔之介

15

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ファンタジーでありつつどこか現代を思わせる独特な世界観。そしてファンタジーの世界で起きる異物混入事件とそれをきっかけとしたヒカリの冒険の物語。ファンタジー要素のあるミステリー

雨が降り続ける「雨の街」とその貿易相手である「風の色」。異物混入事件の真相はなんなのか。ヒカリの正体は何なのか。どうしてヒカリは自ら異物混入事件を引き起こすことになったのか。

ヒカリのしたことはそう簡単に許されることではない。けれど、少なくとも真相を知った後のヒカリの選択は、正しかったと思う。

出来れば全ての結末を知った後にもう一度最初から読み直してほしい。きっと、最初に読んだ時とは違う感想を抱くはずです。

★★★ Excellent!!!

 とんでもない作品に出会えました…
本当に感謝しかありません!

 ファンタジーとミステリー、SFであり恋愛小説でもある…夢のコラボと言ったらいいのでしょうか!?
 その世界観を纏め、どんどん惹き込まれていくストーリーは、作者の手腕によるものでしょう。
  只々、脱帽です!