超短編集

作者 みり

22

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

人としての数々の営みがありますが、
ここで選ばれて書かれたものはすべて、
いたって日常的です。

それを一つ一つ、
じっくりと煮詰めて、
それぞれのコクを引き出したのが
この短編集のように思います。

色濃い日常という、
もしかしたら矛盾するような表現を
可能にしています。
見習いたいです!!

★★★ Excellent!!!

超短編集というタイトル通り、それぞれ独立した短いお話が集まっています。
文章や展開に冗長さがなくピリッと引き締まっていて、気楽に楽しく読めました。

どの一編も、日常の中の印象的なワンシーンを巧みにくり抜いてきたかのようです。
登場人物たちは特殊な能力を持たない平凡な人間であり、そうであるが故にどこか私たちに似ている気がしました。

★★★ Excellent!!!

何気ない日常の中にもドラマはあった。
やはり遠くばかり見ていては見えるべきモノは見えないのですね?
架空の物語の登場人物にだって、現実の世界の人間と同じ様に
朝起きれば、朝食を作って食べなければイカンし、
自宅を出て誰かと会ったら必ず何らかの会話もしているのですし、
夜は必ず寝るときだって寝るための支度もしますよね?

そういうのを考えているとしたら、これは大いに評価されるべきです。