第45話【子育て日記二日目】(組み手編その8)


 ニッシャが歩き出すと、【モーセの十戒】を彷彿とさせるように、両脇に分かれた肉の道が、アイナヘ向かい一直線に出来上がり、それを優々ゆうゆうと喫煙しながら歩いていく。


「ん~やっぱし、この火力じゃなきゃ煙草は旨くないな。しかしまぁ、やっとアイツを殴れると思うと笑いが止まらねえよ!!」


 煙を周囲へ撒き散らしながら、悪役ヴィランの様に不気味な笑顔を作り、ゆっくりとそして確実に、アイナヘと近づいていく。


「私も素手で人を殴るなんて久し振りかしらね……ミフィちゃん達ー?下に降りてきちゃ駄目だからねー!?」


 首を痛めそうな角度で上を向いて叫ぶと、元気よく手を上げ、大きな声で返事をする二人の姿があり、おやつの時間に入ったのかあらかじめ渡していた、ニッシャ特製のカットフルーツを両手に持ち、更にたくわえるように、小さな口いっぱいに頬張っている姿があった。


 私の耳には、確かに聞こえる――――天使の囁き?というか、応援してくれる声がさ。


【妄想】

「頑張ってニッシャ愛してるよ!!アイナをコテンパンに倒せ」ってな……

【現実】

ふぃしゃばふぷっぱニッシャが作ったふはびはんほいひいよウサギさん美味しいよ!!」




 小さな応援エールのお陰か、より一層やる気に満ちたニッシャの足元は、力強く踏み込んでいるせいか足型が出来ており、古代の化石を思わせる様にしっかりと残っていた。


 両者の距離がおよそ3M程離れた距離に入ると、顔を腫らした審判が申し訳なさそうに人の壁から出てきた。


「これより、特別エキシビジョン試合マッチを始める!!」



【東】ニッシャ【朱天しゅてんほのお】 180cm 62kgVS【西】アイナ【小悪魔スモールデビル魚雷トーピード】130cm 33kg


「ルールは同じく魔力の使用を禁じ、模擬試合であり決して、死合しあいではないことを理解していただきたい。【時間は無制限】&【互いの健闘を祈る】」


「それでは皆――――逃げろー!!」


 審判の手を振りかぶると開始の合図となり、巻添えを喰らわぬように、男達は全力疾走でその場から逃げ出す。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます