第46話【子育て日記二日目】(アイナ回想編その1)

 私は幼い頃から、部隊で活躍していた父に尊敬と憧れを抱き続けてね、いつかこんな強い人になって、【世界を――――そして家族を守るんだ】って意気込んでた時期もあったんだ。


 だけど、強く大きな背中を夢見ていた1人の女性の幸せな家庭は、予兆や音もなく突如として崩れさったの。

 ある時、長期間の特別任務に在籍し、毎度傷だらけになりながらも、笑顔で帰ってきていた父にいつもの表情はなく、体温を持たないお人形さんみたいに、色とりどりの花で覆われたひつぎに入り、私たち家族の元へ帰ってきました。


 大きな体ながらも、心優しい父が大好きだった……だけど、目の前の父は白い小さな箱に入っていて、その【温もり】も、いつもの【優しさ】も、あふれんばかりの【愛情】も、悲しみで涙がこぼれ、もはや生きる気力が徐々になくなっていく妻と娘には与えてはくれなかった。


 死因に繋がる直接の原因は、仲間によると言われていて、の身元は、母でさえ知らされていなかった。


 ただ唯一気がかりなのは、【炎魔法】を得意とした父の胸にはがあり、どうやら【炎熱系の魔法】で一撃だったそうで、私が幼い頃父の日にプレゼントした、星形のペンダントも何故か奪われ、今は行方もわからない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます