第42話【子育て日記二日目】(組み手編その5)

「開いた口が塞がらない」とはまさにこの事であり、弟子達は美しい女性が意図も容易く、自身よりも体格で勝っているであろう格闘家バルクスを、まるで風船でも飛ばすように宙へ浮かせたのだ。


「ちょっ……待っ!!――――」敗北を認めた男の悲痛な声は誰の耳にも届かず、体重も十分にある190cmの大柄な体は、【くの字】になりながら勢いよく30M程先の、道場内壁まで吹き飛ばされ、その先にいたのは―――


 壁との衝突寸前アイナの【幼い悪戯チャイルド・ミスチフ】により間一髪、大事故は免れたに見えた……が、戦意喪失せんいそうしつし醜くへばりついた男が、見えない手で摘ままれる様に投げ捨てられると、険しい顔のアイナが眉間を震わせながら、こちらを見ている。


「私の気のせいかしら?あなた今、わざとこちらへ飛ばしたわね?」


 構えを解き悪気がなさそうに、頭を掻きながら「チッ」と軽い舌打ちをした後で息を切らさず話し出す。


「悪い悪い、当てるつもりでぶっ飛ばしたんだけど駄目だったわ!!お互い思うことは有るだろうが、そろそろ私の相手してくれないかな?」



 それを聞いたアイナは見下すような目付きをし、生意気なニッシャに対して正論を告げる。


「ここは、実戦経験はなくとも協会内で優秀な魔法使いを育成する場よ?それこそいずれの部隊長クラスがわんさかいるね。そこのトップに君臨する、王様わたしといきなりれるわけないじゃない?」


「アイツそんな強い奴だったの?」と半ば冗談の様に聞き入れ、おもむろに指を周囲の弟子達へ向けると、1人ずつ数え始めるニッシャ。


1ひぃ2ふぅ3みぃ――――99ここ100もも……ちょうどさっきの奴とも含めて100人居るようだな。よーし!!」


 屈伸や腕を回す準備運動をした後、ここへ来て初めてに構えたニッシャは、手の甲を弟子達へ向け指を折り曲げ挑発をする。


「1人ずつじゃ私には勝てないぞ?綺麗で優しいお姉さんが相手してやるから10人まとめてかかってきなさい――――」


 余程、暴れたいのか今日一の笑顔をすると、開戦の合図の間もなく一対多の状況強制的にもちいる作戦だ。


 いつにも増して闘志を剥き出す、ニッシャの頭上数メートル付近では、広い天井のキャンパスを自由に彩る絵の数々と、2人の仲の良い子ども達が時折、宙で飛び回ったり跳ねながら遊んでいたのでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます