第23話【子育て日記2日目】(精神の滝編その2)

 水へと叩きつけられた衝撃でお気に入りのサングラスは、見るも無惨むざんな姿に成り果てる。

 もはや元の原型はなく、流れゆく滝の道筋に沿って何処かへ消えてしまった。


「アハハハハハハハッ!!……もうやめてよお腹痛いたいからさ!!」


 ニッシャに水面みなもへ放り投げられたアイナは、余程可笑しかったのか柄にもなく腹を抱え高笑いをしている。

 自慢の黒髪ボブは、濡れたことによりつややかなその毛先が、新鮮取れたてで「黒光り」しているワカメの様になっており、その姿を見てミフィレンは、指をさしながら笑みをこぼす。

 2人の笑い声に共鳴する様に、無邪気に笑いだす赤子の三人は、まるで仲の良い三姉妹のように特別な空間を作り出していた。


(何か……ここに来てから色々あったが、案外悪くないかもな……)


 この2日間き使かわれ続けていたため、やっと一矢いっし報いたと思い、つられて笑おうとした矢先。

 その視界は「天井が地」へ「水面が頭上」へと引っくり返っている……いや、ニッシャだけが「天地逆転」していていたのだ。


「おーい!!ニッシャー!?何で逆さまなのー??」


 両手を可愛く振りながら私を呼ぶ天使の声が、聞こえ、咄嗟に手に持っていた浮き輪を錦糸卵ミフィレンに向かって放り投げると、両手を合わせた彼女の体に輪投げの様に「ぴったり」とおさまった。

 30M程離れた滝壺たきつぼの真上から重力に引っ張られるように垂直落下し、抵抗も受け身も取れずに激しい水飛沫みずしぶきを上げながら、体は水中へ一直線に沈み込むと、深さ5M程の床面に頭を打ち付けられあまりの痛さに「一瞬」気絶するが、「浮力」が働き水面みなもへと返ってくる。


お前アイナ私のこと殺す気かよ!!死ぬかと思ったぜ!!」


 滝の音に加えミフィレン達から遠く離30M程れているため、ニッシャの怒号どごうは聞こえず仕舞いだった。


「アイナ~?ニッシャなにか言ってるよ?」


 不思議そうに喋るミフィレンがそう問いかけ、アイナは「そうね。聞こえないわね」と手で口元を隠しながら笑うと、小さな指を手前へ折り曲げる。

 不思議な引力により物凄い速さでミフィレンの元へ移動するその様は、さながら【モーセの十戒】の如く、力なく両手を広げ水面すいめんを割りながら進むニッシャは、かろうじでボールを手に持っていたが、無事到着すると「壊れた人形」の様にぐったりと力なく寄り掛りながら思った。


(もうアイナにちょっかい出するのは、止めよう)

 そう、心に深く誓ったニッシャであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます