第4話 兄とタオルセヌフィス

「養子なんていらないから!」


妹だと両親に紹介された少女は、目を潤ませながら言い放った。


両親が慌ててとりなしたが、タオルセヌフィスはこの“新しい兄”が気に入らなかった。

その夜はレオニダスを歓迎して豪華な夕食が用意されていたが、タオルセヌフィスは2.3口食べただけですぐに部屋へ戻ってしまった。


「ごめんなさいね。あの子ったら…。」

タイスが申し訳なさそうに謝った。

「いえ。戸惑うのは当然です。」

「まぁ、今日初めて会ったんだ。こういう事は、月日が解決するさ。」

父親のネシは笑いながら、ビールを飲み干した。ティアがにこやかにビールを注ぐ。

「お嬢様は人見知りですから。」

「何はともあれ。久しぶりの祝いの席だ。さぁ、食べて飲もう。」

レオニダスは、どこか嬉しそうな様子の新しい家族を見てホッとした。どうやら、他の皆には歓迎されたようだ。

「我が家の新しい家族に乾杯だ!」

すっかり出来上がったネシが、杯を掲げる。タイス達を含めた皆んなが、勢いよく杯を掲げて、飲み干した。

宴会は、夜更けまで続いた。


*******

「うわぁぁぁぁぁぁ!!!」

次の日の静かの朝に、レオニダスの悲鳴が響いた。叫び声に起こされたネシ達は何事かと、慌ててレオニダスの寝室へ走った。


「レオニダス!どうしたんだ!」

「起きたら、急に目の前にいて…!」

「…カエル?」

荒い息しながらレオニダスが指を指す方向を見ると、立派なカエルが2匹、眠たそうにゲコゲコ鳴いていた。


「鳴き声が耳元で聞こえたので、何かと思って目を開けたら…。」

「それは、驚いた事だろう。どうしてカエルが入ったんだろうね。」

「昨日の夜はいなかったのですが…」

レオニダスとネシは首をひねった。ナイルが近いとはいえ、氾濫期も終わった今の時期にカエルが家に入る事はない。

すると、ネシの後ろの方でくすくすと笑い声が聞こえた。振り返ると、タオルセヌフィスが我慢できないといった風に笑っていた。


「タオルセヌフィス、おまえ。」

「大の男が、カエルごときにこんな大声出すなんて。アレクサンドリアの男ってのは意気地がないのね!」

「タオルセヌフィス!こら、あなた待ちなさい!!」

タオルセヌフィスは、笑いながらさっさと逃げていった。怒ったタイスがタオルセヌフィスを追いかけるが、もう彼女の姿はない。

残されたレオニダスは、呆気に取られながら部屋の隅でゲコゲコ鳴いているカエルを見る。今まであったどんな女の子よりも、活発な娘だった。


「昨日、やけに早く夕食を終えたと思ったら。カエルを取りに行ってたんだな。」


ネシが苦笑しながら、カエルを捕まえて窓から逃がした。


「悪いね、レオニダス。」

「い、いえ。……カエルごときで私も騒ぎ過ぎました。」


今更ながらに恥ずかしくなって、レオニダスが頭を下げると、ネシは「それもそうだな。」と言って朗らかに笑った。


それから数日経っても、タオルセヌフィスからのイタズラは止まらなかった。その度にタイスに厳しく叱られてはいるようだが、懲りている様子はない。

ある時は、起きたら横にサソリの死骸が置いてあった。ある時は、サンダルが片方隠されていたり、また愛用のマントに見事な猫の絵が描かれている時もあった。

レオニダスは、何度かタオルセヌフィスと和解をしようと試みた。しかし、男兄弟の中で育ったレオニダスには、年頃の妹をどう扱っていいのかさっぱり分からなかった。


「大丈夫。大丈夫。そのうち諦めるさ。」

ネシはそれを見て、いつも大らかに笑っていた。


*******


「お母様!なんで、養子なんかもらうのよ。」

「何でって。じゃあ、誰がお父様の仕事の跡を継いで、この家を守るの。」

「私がいるでしょ!」

「女の子は書記にはなれないわ。それに貴方はお嫁に行くでしょう。」

「書記官になるもん!字だって読めるし!」

「無理よ」

「……じゃあ、お嫁になんて行かない!結婚なんてしない!私が死んだお兄様の代わりにこの家を守るの!」

市場からの帰り道、ナイル川沿いを歩きながらタオルセヌフィスは叫んだ。道行く人が何事かとこちらを振り向く。タイスは慌ててタオルセヌフィスの口を塞いだ。


「いい加減にしなさい。お父様が決めたことよ。」

タイスは厳しい声で諭す。タオルセヌフィスは母の迫力に押し黙った。タイスはため息をついて、歩き出した。どうしてこうも頑固な娘なのか。

タオルセヌフィスもその後ろをとぼとぼと歩いていく。風に揺られて、タイスの長い黒髪が揺れた。睡蓮ロータスの香水がほのかに漂う。大好きな母の香りだ。母の諭すような声が聞こえた。


「レオニダスさんはアレクサンドリアからわざわざうちの家に来て下さったのよ。慣れない暮らしの中で、とても一生懸命努力されているわ。」

「……お父様達に気に入られようと必死なだけよ。そうしないと、財産が貰えないもの!」

「レオニダスさんのご実家に比べれば、ウチなんて大したものはないわ。」

「でも…!」

「一体、何が気に入らないの!」

「…だって、まともに字も書けないって!家でもずっと竪琴ばっかり弾いて。」

タオルセヌフィスはずっとモヤモヤしていたことを遂に吐き出した。勉強熱心だった兄とは違い、レオニダスは父と仕事から帰ってくるとふらっと何処かへ出て行くか、竪琴リュラーを弾いている。そして、ネシの家の養子は字もろくに書けないようだという噂を最近耳にしたのだ。


「何でそんな人が養子にくるのよ!」


大声で叫ぶと、タイスが呆気に取られてこちらを見ていた。いや、正確にはタオルセヌフィスの後ろにいる人物を見て、固まっていた。後ろを振り返ったタオルセヌフィスは、そこに仕事帰りの父とレオニダスがいるのを見て硬直する。


「何てことを言うんだ。」

普段は穏和な父親が、厳しい声で言った。横にいるレオニダスは、少し決まり悪そうに目を逸らし家へ入っていった。

その夜、タオルセヌフィスは久し振りに父親の説教を受けることになる。


*******


ナイルの水がヒタヒタと近づく音。暑い暑い夏の氾濫期。タオルセヌフィスは、薄暗い部屋の中で兄の看病をしていた。

『タオルセヌフィス。私が死んだら、お前がお母様とお父様をお守りするのだよ。』

父に似て柔和な顔の兄は、かすれた声でそう告げるとオシリスの元へ旅立っていった。


「待って!お兄様!」

タオルセヌフィスは飛び起きた。荒い息を沈めながら、夢を見ていたと分かる。もう半年も経つのに未だに時々兄を夢に見る。きっと、自分を心配して近くに来ているのだろう。

(だめだめ、しっかりしなきゃ!)

タオルセヌフィスは、風に当たろうと階段を降り中庭に出た。

すると、中庭に誰かがいるのに気がついた。

レオニダスだった。わずかな月明かりを頼りに、真剣な面持ちで何かを書いていた。


「何してるの?」

「うわ!何だ!」

「それはこっちの台詞よ。こんなところで何してるのよ。」

訝しげに近づくと、レオニダスの周りには沢山の陶器の破片オストラコンが散らばっていた。そこには、無数の神聖文字ヒエログリフが書かれていた。


「これ、全部神聖文字ヒエログリフ?」

「そうだよ。下手な字だけれど」


レオニダスは、少し恥ずかしそうにそれを見た。


「実はね。俺の実家は、ずっと昔にギリシアから来た人の子孫で。今でも、普段はギリシア語を話して、書いて暮らしている。」

「…でも、エジプト語を話してるじゃない。」

「そりゃ、勉強したからね。商売をする為には必要だったから。エジプト語も、民衆文字デモティックもある程度はできる。でも…」

「でも?」


突然、レオニダスはがっくりと肩を下ろした。疲れ切ったような様子で、溜息をつく。


神聖文字ヒエログリフはダメなんだ。全然書けない。読むのも難しい。」

「そんなに違うの…?」

「君は、文字を習ったんだっけ?」

「…簡単な民衆文字デモティックだけは…。」


実のところ、タオルセヌフィスも神聖文字ヒエログリフはさっぱりだった。何となく、絵柄で想像するしかできない。


民衆文字デモティックは、神聖文字ヒエログリフを簡単にしたもの。基本的には言葉を文字に起こしたものだ。商人たちも使えるような読みやすく、書きやすい字になっている。」

レオニダスは、陶器の破片オストラコンに縮れた毛のような文字をサラサラと書いた。


神聖文字ヒエログリフは違うの?」

「これは、神に捧げるモノだ。今よりもずっと遥か昔にできた文字だ。正直、今の言葉とは程遠いし、文字数もかなりある。」


陶器の破片オストラコンには、コブラやハゲワシを模した字が沢山並んでいた。何度も書き直しをした跡が、彼の練習時間を物語っていた。月明かりを頼りに、この人は毎晩こうして無数の文字を書いていたのだろうか。


「今日、君が言っていたことは正しいよ。」

レオニダスは静かに切り出した。


「俺は、書記官に必須の神聖文字ヒエログリフすらまともに書けない。…出来の悪い跡取りだ。隠れて練習していたけど、噂になってたみたいだね。」

「…。」

「ごめんな。……でも、俺は決めたんだよ。この街に来た時に。養子になったからには、お父上の後を継いで立派な書記官になる。そして、君のお兄さんの分も家族を守るよ。…その為には、どんな努力も惜しまない。」


優しいが力強い言葉に、タオルセヌフィスは何だか肩の力が抜けていくのを感じた。気恥ずかしげに言うレオニダスの姿が、亡き兄のものと重なっていった。ずっと体の芯を通っていた緊張が少しずつ解れていく。


「本当に、本当に貴方も守ってくれるの?」

もう1人で頑張らなくて良いのか。兄から託されたあの言葉を一緒に守ってくれるのか。


「勿論、君も守るよ。大切な妹だからね。」

散々な嫌がらせをしたにも関わらず、優しく頭を撫でられてタオルセヌフィスは涙が止らなくなった。


「お兄様、ありがとう。」


本当は、ずっとこう呼びかけたかったのかもしれない。レオニダスは、照れたように笑った。


*******


タオルセヌフィスの家に、竪琴リュラーの音が響く。


「あの頃よりは、神聖文字もだいぶ書けるようにはなったけどね。」


レオニダスは、苦笑する。タオルセヌフィスは、今でもこっそりと夜に兄が練習をしている事を知っていたが、名誉の為に気づいていないふりをした。


「お父様も、きっと喜んでいるわ。良い跡取りを持ったって。」

「…そうかな。」


レオニダスはおもむろに、タオルセヌフィスの頭に手を置いた。この妹が夜中に中庭にやってくる理由は、2つに1つだ。きっと懐かしい夢を見たのだろう。穏和で朗らかだった父親が亡くなってから、まだそう時は経っていない。

タオルセヌフィスは、兄の大きな手にすがって泣いた。亡き父を思い出して。レオニダスは、彼女が疲れて眠るまで優しく頭を撫でてくれた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

タオルセヌフィスの朝 ゆきこ @yukigahuttayo

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ