第107話 不穏な声

(ただ、無言で歩き続けて数分……何か話題を――って、考えてるけど、自分から手を繋いだこともあって緊張が……て、手汗とか大丈夫かな……?

 高嶺さんから何か話してくれる訳じゃないし……なんだか、気不味い……)


「あ、あの――っ!」

「あ、あの――っ!」


(また、ハモっちゃった!?)


「……ふふふ、また、ハモってしまいましたね」


「そ、そうだね……」


「今回は、思井くんからどうぞ」


「あ、うん――」


(どうしよう……何も考えてないんです!

 ずっと、黙ったままなのが気不味いから声を出しただけで……話す内容は――あ、そ、そうだ!)


「た、高嶺さん。宿題はもう終わりましたか?」


「宿題、ですか?」


「う、うん……」


(……僕、会話のストックが無さすぎる!

 僕は高嶺さんとならどんな会話でも楽しいけど……どうせなら、高嶺さんに面白い人だって思ってほしい。

 なのに……宿題って! 宿題って! 共通話題だからって宿題はないでしょ!)


「クスクス。もう、終わりましたよ」


「あ、ほ、本当? お、お疲れ様です」


「ええ。これも全部思井くんのおかげです。ありがとうございました」


「え、僕!? 高嶺さんが頑張ったからでしょ!?」


(高嶺さんが宿題を終わらせたことに僕と何の関係があるの!? 答えを教えたりもしてないし……言ってることが分かりません!)


「ふふ、思井くんのおかげですよ。だって――」


「う、わぁぁぁぁぁん――!!」


「な、なんでしょう!?」


(泣き声……みたいな気がするけど、分からない。でも――)


「ゴメン、高嶺さん。僕――」


「はい、分かっています。行きましょう!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます