第105話 妹でも可愛いものは可愛い

「お兄ちゃ~ん!」


「ぐふっ。た、珠……そんなに強く抱きつかれると苦しいんだけど……どうしたの?」


「お金なくなっちゃった。だから、ちょーだい!」


「はぁ……あんまり、無駄遣いしちゃダメだよ? はい、千円」


「ありがとー、お兄ちゃん大好き! ヒシッ!」


「はいはい……。全部使わないで残しとくんだよ。お母さん怒るから」


「分かってるよー。あ、高嶺お姉さん。こんばんは!」


「こ、こんばんは、珠ちゃん!」


「ジーーー……。高嶺お姉さん、何をうじうじしてるんですか?」


「えっ!? そんなことは……」


「ははぁ~。高嶺お姉さんもお兄ちゃんに抱きつきたいんですね」


「……っ!」


「お、おい、珠。何を言って……」


「でも、ダメでーす。ここは、私のポジションですから! どうですか? 羨ましいですか?」


「うぅぅぅ……」


「珠ちゃーん!」


「あ、ほ、ほら。友達が呼んでるよ?」


「本当だ。じゃあ、私行くね。お兄ちゃん、お金ありがとう!

 あ、高嶺お姉さん。その浴衣似合っててとっても可愛いですね! じゃ、お兄ちゃんをよろしくお願いしますね!」


「気をつけてあんまり遅くならないうちに帰るんだよーーー!」


「分かってるーーー!」


(はぁ、我が妹ながら凄まじい行動力。友達も僕より多いし……お兄ちゃん悲しい!)


「ゴメンね、高嶺さん。珠が変なこと言って……。家に帰ったらよく言っておくよ。……高嶺さん?」


「……は! た、珠ちゃんの浴衣姿も可愛いですね。赤色、珠ちゃんにとっても似合ってました!」


「そう、なのかな? 妹だからよく分かんないや」


「ふふ、妹であっても可愛いければ可愛いと言ってあげた方がいいですよ。珠ちゃん、思井くんのことが大好きだから喜んでくれるはずです」


「そうだね。帰ったら言ってみるよ」


「そろそろ移動を始めてくださーい! もう少しで花火が上がりまーす!」


「一斉に人が動き出しましたね……」


「僕達も行こっか」


「はい」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます