第97話【閑話】プールどうだった?

「お帰り~、お兄ちゃ~ん! プール、どうだった?」


「珠……ただいま」


「あれ? なんか、元気ない……?」


「そう思うなら力強く抱きしめてないで離して……」


「お兄ちゃん、久しぶりのプールではしゃぎすぎちゃったの? それとも、久しぶりに高嶺お姉さんと会えてテンション上がっちゃったの?」


「色々とあったの」


「色々じゃ分からないよ~!」


「とりあえず、家に入れて。ゆっくり話してあげるからさ」



(洗濯機の中に水着を入れて――)


「お兄ちゃ~ん、スマホ鳴ってるよーー!」


「今、行くーー!」



「誰々?」


「高嶺さん……」


「やっと、お兄ちゃん高嶺お姉さんと連絡出来るんだ。良かったね~。それで、なんて送られてきたの?」


(見るの怖いな……。さっきの発言が気持ち悪くて友達やめましょう……とか、だったらどうしよう……。僕、泣いちゃうよ!

 でも、高嶺さんからなんて送られてきたか気にもなるし――)


【きょ、今日はありがとうございました! とても、楽しかったです!】


「お兄ちゃんの顔が一瞬で幸せに満たされたっ!?」


【ぼ、僕もだよ! スゴく、楽しかった! ありがとう!】


【夏祭りのお誘いもとても嬉しかったです。今から楽しみです!】


【うん! 僕も今から楽しみで仕方ないよ!】


【……それに、思井くんが私のお、お胸をき、気持ち良かったって言ってくれたのも……その、う、嬉しかったです。ぜ、全然気持ち悪いとか思っていないので……もし、落ち込んでいたらげ、元気を出してくださいね……!】


(……っ、高嶺さん……!)


「お兄ちゃんがいきなり泣き出した!? い、いったい、何を話してるの? 気になるよ!」


【ありがとう、高嶺さん……】


(高嶺さん……やっぱり、優しいな。さっき別れたばっかりなのに、もう会いたくなってる……)


【……思井くん。また、こうやってメッセージ送ってもいいですか?】


【う、うん。もちろんだよ。ずっと、暇だからいつでも送ってきて。

 と言うか、僕からも送っていいかな?】


【は、はい。楽しみにしていますね!】


(高嶺さんから送られてきた花のマスコットキャラクターが目を輝かせて期待しているスタンプ……これって、高嶺さんが期待してるって思っていいよね!?

 高嶺さんとずっと会えなかったけど……こうやって、繋がってる。いつでも、会話出来るんだ!

 もっと、早く交換しておけば良かったよぉぉぉ!)


「もぉ~お兄ちゃん、何を話して――」


「よし、珠。今から、どうやって遊んできたか話すからちゃんと聞いててね」


「急に!? さっきから、色々とお兄ちゃん変わりすぎだよ。怖いよ!」


「先ずは、駅で待ち合わせしてたんだけどね――」


「聞いてないし!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます