第77話 耳が幸せ

「いきなり、すいません……」


「う、ううん、大丈夫だよ」


(高嶺さんの声が……高嶺さんの声がスマホの向こうから……耳が溶けそう……)


「それより、どうしたの?」


「いえ、また、お姉ちゃんが思井くんに迷惑をかけていたので謝ろうかと……」


「いや、全然迷惑なんかじゃないよ」


(むしろ、高嶺さんの写真を頂けて感謝感謝です!)


「すいません……嘘です。本当は思井くんの声が聞きたくてですね……電話させてもらったんです」


(……っ、高嶺さん……)


「ぼ、僕も高嶺さんの声が聞きたかったです」


「ほ、本当ですか……?」


「うん。だから、今こうして話せてるのがスゴく嬉しいよ」


「わ、私もです……!」


(高嶺さんと久しぶりに話せて嬉しいはずなのに、何を話せばいいか分からない……。高嶺さんも黙ったままだし、何か話さないと気まずい……)


「あの――っ」


「あの――っ」


「あ、ご、ゴメン。高嶺さんからどうぞ」


「い、いえ……こちらこそ。思井くんの方から――」


「いやいや、高嶺さんから」


「いえいえ、思井くんから」


「あのぉ~、イチャイチャするのならそろそろスマホ返してほしいのですが……と言いますか、羨ましいのです! 私も仲間にいれてほしいのです!」


「……水華さん、近くにいるの……?」


「……はい、私の後ろに……。

 あの、思井くん。明後日、何かご予定はありますか!?」


「う、ううん、何もないけど」


「で、でしたら、一緒にプールに行きませんか!?」


「ぷ、プール!?」


「はい。あの、隣町に新しく出来たらしくて……思井くんと行ってみたいなって思ってたんです!」


(高嶺さんとプール……高嶺さんとプール……!? そんなの、絶対楽しいに決まってる!)


「……行く。行こう高嶺さん。ううん、違う。高嶺さん、僕と一緒にプールに行ってください!」


「は、はい!」


「ぷ、プール……? 氷華が男と二人きりでプール……? そ、そんなのダメなのです! 氷華が毒されてしまいます! なので、私も行きます!」


「お姉ちゃんはお仕事でしょ。それに、私と思井くんの時間を邪魔しないで!」


「そ、それは……でも……」


「そ、それじゃ、思井くん……。明後日、朝の十時に駅前に集合で大丈夫ですか?」


「う、うん! 絶対に遅れないで行くよ!」


「そ、それじゃ、楽しみにしてますね……! 切ります」


「うん、僕も今から楽しみだよ。それじゃあね」


「はい、さようなら」


(……高嶺さんとプールか……ヤバい、顔が自然にニヤニヤとしてしまう……って、僕水着なんて持ってたっけ!?)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます