第66話 モテ期?

「お、思井くーん、またね~!」


「あ、う、うん……さようなら……」


(ふぅ……先生と話している高嶺さんを昇降口で待っているけど……さっきから、ちょくちょく声をかけられるぞ?)


「ま、またね~思井くん!」


(あ、ほら、まただ)


「う、うん。さようなら」


(僕の名前を知ってるってことは一応クラスメイト……ですよね? 今まで全然話したこともなかったし、急に声をかけられても反応に困るというか……そもそも、皆さん僕の存在を消したかったんじゃないんですか!?)


「思井くん、またね!」


「は、はい……さようなら」


(元気だなぁ……片腕を挙げられると怖いんですよ……。いきなり、殴られそうな気がして……。

 ……にしても、何コレ? やたらと、周囲の女子から見られているというか……熱い視線を送られるというか……本当に何なの!?

 高嶺さん、早く来てくださいぃぃぃ――!)


「お、思井くん……」


「うわあっ!」


「キャッ!」


「あ、ご、ゴメン、高嶺さん!」


「……いえ、私の方こそ……いきなり、肩に手を置いてしまって驚かせて……すいません。嫌、でしたよね……?」


「う、ううん! 高嶺さんに触れられて嫌な訳ないよ。友達なんだから!」


「友、達……」


「ただ、ちょっと怖かったと言うか……」


「怖かった、ですか……?」


「あ、た、高嶺さんが怖かった訳じゃないんだよ? その、僕の気のせいなのかも知れないんだけど……やたらと見られてるというか……高嶺さんを待ってる間にも名前を呼ばれて声をかけられて……」


「見られてる……? は! す、少~しだけ、待っててください!」


「え、高嶺さん……? どこに行って……」


(あれ? なんだ? 僕を見ていたであろう女子達が高嶺さんが近づくに連れて目を逸らしていく……?)


「お、お待たせしました」


「何をしていたの、高嶺さん」


「ええ。ちょっと釘を刺しに」


「釘……?」


「にしても、困りましたね。あれだけ、堂々と私と思井くんとの仲を見せつけて宣言までしたというのに……まだ、思井くんを狙ってくるとは……」


「え、何々!? やっぱり、僕狙われてるの!? 何もしてないのに……どうして!?」


(そんな……せっかく、高嶺さんと仲直りできたのに……死ぬなんて嫌だよ!)


「思井くんが私のために変わってくれたからですよ……。思井くん、あなたには今モテ期がきています!」


「へっ……モテ期?」


「こ、怖がって目に涙をためないでください……だ、抱きしめてあげたくなっちゃうじゃないですか……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます