第64話 もう一度友達から

「「「えぇぇぇぇぇぇっ、ぷ、プロポーズじゃないのぉぉぉ!?」」」


(プロポーズ……? 何を言ってるんだろう、この馬鹿ども。プロポーズなんてまだ早いに決まってるでしょ……!)


「――ふぇっ、と、友達……ですか? 彼氏彼女に戻るんじゃなくて……ですか?」


(あれ? なんか、高嶺さんも残念がってる!? ぼ、僕と友達になるなんて嫌だったのかな!?)


「あの、た、高嶺さんさえ良かったらなんだけど……その友達からもう一度僕とやりなおしてほしい、です」


(そして、いつか……もう一度、好きだと言わせてほしい……!)


「お、思井くんは私と彼氏彼女の関係に戻りたくはないんですか……?」


(うっ……そう聞かれると戻りたいに決まってます!

 でも、それだと、僕が嫌なんです。今度はちゃんと高嶺さんを好きって気持ちから始めたいんです……!)


「も、戻りたくありません……」


「や、やっぱり、思井くんはもう私のことなんて好きじゃないんじゃないですか!」


「ち、違うよ! 僕は本当に高嶺さんのことが好きです! でも、だからこそ……もう、高嶺さんを悲しませないためにも、今度はちゃんと時間をかけてゆっくりといきたいんだ……友達から……」


「……それは、これから先、どんなことがあっても私を悲しませない、そう理解してもいいという話ですか……?」


「……うん。だから、もう一度僕と友達から付き合ってください……!」


「……し、仕方ありませんね……! お、思井くんにそこまで言われて断るなど、私もそこまで鬼じゃありません」


「じゃ、じゃあ……」


「ええ、今回の件は許します。そもそも、九頭間くんが下らないことを思井くんに言わなければ、私の気持ちはずっと届かないままでしたし……。

 そ、そのかわり、今ここでちゃんと約束してください。友達として、私とずっと一緒にいてくれると……。友達として、私を悲しませたりしないと……」


(高嶺さん……真っ赤になりながら、指を差し出してくれて――ヤバい、泣きそうになる……!)


「……っ、うん、約束するよ。僕は、これから先、絶対に高嶺さんを悲しませない。ずっと、一緒にいるよ……友達として……!」


「……ふふ、言質、とりましたからね。ちゃんと、私の耳が目が指が記憶が今の言葉、忘れないですから……。だから、ちゃんと期待させてくださいね。さ、さもないと、また悲しくなっちゃうんですからね!」


(期待……? 友達として、高嶺さんと約束をしたことを僕が裏切るような真似しないようにかな……?)


「もちろんだよ! 僕はもう高嶺さんを裏切らないから……信じて!」


「……はい……!

 思井くん。く、くれぐれも末長く、よろしくお願いします……!」


「こ、こちらこそだよ……高嶺さん……!」


「「「……な、なんだよ、この茶番はぁぁぁ!」」」


「ぐわぁぁぁ……こ、これで、本当に高嶺さんは思井のものに……グハッ!」

「い、嫌だ……もう、世界の終わりだ……」

「け、結局、高嶺さんの見る目は間違ってなかった……」

「私達の目が節穴だったんだ……」

「あんなにも、光輝く原石だったなんて……」

「で、でも、まだ分からないわ。あの二人はまだ友達……。だ、だったら、私達の誰かが思井くんと既成事実さえ作ってしまえば彼は――」


「……そこの女子の皆さん?」


「「「ひゃ、ひゃい!?」」」


「聞いていたと思いますので分かると思いますが……思井くんは私の大事な人です! もし、また思井くんのことを悪く言ったり、思井くんにちょっかいを出したら……許しませんから」


(た、高嶺さんが僕を庇うようにして……これは、あれかな? 僕を独占したいって思ってくれていること、なのかな……?

 いや、許してもらえたからって、調子に乗りすぎか……。高嶺さんは多分――友達を守ろうとしてくれているんだ)


「わ、私達は大の仲良しなんです! もう、二度と下らないことで邪魔なんかしないでください!」


「「「は、はい……」」」


(……っ、高嶺さん……。恋人繋ぎを堂々と上に掲げて見せつけながら宣言するなんて……イケメンですか!?)


「男子の皆さんもです。別に、私のことをどう思ってくれようと構いません。ですが、それで、思井くんを傷つけるようなら――」


「「「は、はい! も、もう、二度とお二人の関係に口を出したり致しません!!!」」」


(この前まで高嶺さんのことを好き勝手に言っていたクラスメイトがどんどん肩身を狭くしていく……高嶺さん、やっぱり、僕なんかよりカッコいいです!)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます