第38話 た、食べさてあげます

(トントントン……ザクザクザク……カチャカチャカチャ――高嶺さんが、僕のためにおかゆを現在進行形で作ってくれてる……。

 恥ずかしくて見れないから、音しか聞こえないけど……やっぱり、自分でお弁当作ってるだけあって手際良い――)


「お、思井くん苦手なものってありますか?」


(……僕がイメージするおかゆは、卵とネギと白米だけのシンプルなやつ――)


「な、ないよ」


「分かりました。……ふふ、一度してみたかったんです……」


「……ねーねー、お兄ちゃん」


「……なに?」


「もう許してよ。私が悪かったから。だから、顔だけ出して亀みたいな真似はやめて……。見てて、情けないよ……」


「……分かったよ。それで、なに?」


「お姉さん、お兄ちゃんにベタ惚れしてるように見えるんだけど……本当に何したの? 洗脳とか変な薬盛ったとか……犯罪に手を染めてないよね……?」


「そんな、オロオロした目で見るな……大丈夫、珠のお兄ちゃんは犯罪に手を染めたりしていない」


「じゃあ、なんでお姉さんはお兄ちゃんに――」


(それが、僕にも分からないんだよな……いつかは教えてくれるんだろうけど……この前は内緒って言われたし……)


「二人とも。おかゆ、出来ました。あ、思井くん出ていたんですね。はい、これは、妹さんの分です」


「わ、私の分まで?」


「はい。あ、お盆、勝手に使っちゃいましたけど大丈夫ですか? あと、スプーンもなにか自分の物があるとか……」


「そんなのはないですけど……い、いただきます。ふーふー、パクッ……はふはふ……ゴクッ……~~~お、美味しいです!」


「ふふ、そうですか?

 それじゃ、私は――ふーふー、ふーふー……はい、思井くん。あ、あーん、してください」


「た、高嶺さん!?」


「!? お姉さん、何して――」


「お、思井くんは風邪なんです。だから、私がた、食べさせてあげます。か、看病します!

 そ、それに、この前、思井くんがしてくれたお返しです!」


「お兄ちゃん!? お返しってどういうこと!?」


「さぁ、食べてください、思井くん!」


(……っ、なんなんだよ、この状況……妹からジト目で見られて、彼女にはおかゆが乗ったスプーンを下に手を添えながら差し出されて――)


「……っ、い、いただきます! モグモグ……ゴクン……お、美味しいです!」


「よ、良かったです……!」


(いや、正直、緊張し過ぎて味なんてよく分からないよ? でも、美味しいってことだけは分かる。証拠に頬っぺた落ちそうだからね!)


「お、お兄ちゃんが……お兄ちゃんがぁぁぁ――バクバクバクバク……っ、熱いーーー、火傷した~、お兄ちゃん助けて~!」


「つ、次……どうぞ。ふーふー、ふーふー……あ、あーん」


「あ、あーん……モグモグ……うん、美味しい……」


「い、いっぱい食べてくださいね……沢山、作りましたから」


「う、うん」


「……む、無視……お兄ちゃんに助けてって言ったのに……。私は邪魔者なの!?

 ……って、全く聞いてくれない。二人とも完全に自分の世界に入ってる……つまんない!」


「あ、あーん……」


「あ、あーん……モグモグ……」


「もう、私の前でイチャイチャしないでよ!」


「あ、あーん……」


「あ、あーん……モグモグ……」


「私が悪かったから。謝るから。お願いだから、私を無視しないでぇぇぇ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます