第12話 妹ラブラブ正拳突き

(し、しまった……高嶺さんのお姉さんに見つかってしまった……! しかも、こんな場面を……! ゴメン、高嶺さんのプライド守れなかったよ……ガクッ!

 ……にしても、あの人が本当に高嶺さんのお姉、さん……?

 スーツ姿で見た目がクールそうなのは変わりないけど……なんだか、刺々しいオーラを感じる……。それに、高嶺さんの美しい黒髪に対して、短い……でもないけど、やや短めの……金髪!?

 って、今はそんなこと冷静に思ってる場合じゃない! ほら、もう、高嶺さん、頭真っ白になってるっぽいし、僕がなんとかしないと!)


「……あ、あわわ、あわわわわ……こ、これは、大変失礼いたしました! い、急いで出ていきますので、ごゆっくりしていってください! ……ついに、妹が男の方と大人の階段を――」


(あれ、なんか、思ったより……変な誤解はされてるけど、安全にいけそうな……)


「――って、何、私の可愛い妹に手ぇ、出しとんじゃぁぁぁぁぁ――!」


(えええええっ!? なんか、高嶺さんのお姉さんキャラ変わってるぅぅぅ!?)


「お、お姉ちゃん……キャッ……」


(高嶺さんを抱き上げる方法で一瞬で僕から離して――)


「覚悟せい! この、不届き者がぁああ――!」


(優しく置くと、拳を突きだして――)


「喰らえ! 妹ラブラブ正拳突きぃぃぃぃぃ――!」


(なんか、必殺技みたいな名前叫んで、僕の腹にめり込ませ――)


「ギャァァァァァ――!」


(ヤバい……高嶺さんのお姉さん、怖、い……ガクッ……!)


「お、思井くーーーん!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます