第4話 メロンパン

「はぁ、恥ずかしいです……」


「いや、メロンパンって初めて食べた時は結構誰でもそう思うから大丈夫ですよ。僕なんて、初めて食べた時、詐欺だって言いましたから」


「ほ、本当ですか!?」


「う、うん……」


(い、いきなり、近いよ、高嶺さん……。上目遣いはするし、シャンプーかな? めっちゃ、いい香りが鼻をくすぐってくる)


「良かったです」


(ホッ、安心したみたいで離れてくれた。僕の方こそ良かった……)


「た、高嶺さんはもうご飯食べたんですか?」


「は、はい……その、少々、急ぎましたけど……」


「急いだの?」


「は、はい……その、思井くんは毎日この時間になるとどこかへ行ってしまうので、急いで食べようと……って、今のはなしです! わ、忘れてください!」


(いや、多分、事故っても忘れないわ……)


「で、でも、高嶺さん、幸せそうに食べてましたよね? その、タコさんウインナー……とか」


「み、見てたんですか!?」


「うん、その……ゴメン」


「は、恥ずかしいです……それも、忘れてください」


「い、いや、そんな恥ずかしがることないですよ。僕だって美味しい物を食べたら嬉しいですし、高嶺さんのタコさんウインナーもスッゴく美味しそうでしたから! 人間、誰でもそうなりますよ!」


(むしろ、高嶺さんのタコさんウインナーなんて食べたら、全人類死ぬ!)


「ほ、本当ですか……?」


「うんうん。だから、そんな恥ずかしそうにしないでください」


「ホッ、良かったです……」


(う~ん、高嶺さんがどんどん皆の想像からかけ離れていくな……。そして、そんな高嶺さんを知ってるのが僕だけだと思うと……)


「どうしたんですか、思井くん。笑ってますよ?」


「う、ううん、なんでもないですよ」


(ヤバい、ニヤケが止まらねぇ……!)


「でも、実際、私はあまり、コンビニのご飯等を食べたことがないので、メロンパンはとても美味しかったです」


(あ、話、戻すんだ……!)


「そ、そっか。でも、あんまり食べすぎるのはダメだよ。僕みたいな体型になっちゃいますからね」


「思井くんみたいな……?」


「わ、分かりませんか? この体型ですよ。こうなったら、中々痩せるのは難しいですから」


(そう、もし、高嶺さんをぽっちゃり体型にしてしまったのが僕だと知られると、全人類から殺されかねない。全人類勢力に対してデブボッチの僕なんかが敵うわけない! だから、死なないためにもそれだけは絶対阻止しなければならない!)


「私は……思井くんの体型は、いっぱい食べる元気な男の子……って、感じで、好き……ですよ。私が、少食なので……」


「高嶺さん……」


「~~~っ、す、すいません。次の授業の予習したいので、これで失礼します!」


「た、高嶺さーん!」


(行ってしまった……。次の授業、映画鑑賞だから、予習することなんてないはずなのに……。

 にしても、こんな会話で良かったのだろうか? 僕は楽しかったけど、高嶺さんは楽しかったのかな?)


「なんか、高嶺さんって美しい大和撫子……って感じだったけど、美しいと可愛さを備えた最強の大和撫子……に、進化したな。僕の中で」


(それにしても、高嶺さん……なんで、僕が昼休みになったらどこか行くって知ってたんだろ……? は、もしかして、こんなデブボッチが昼休みに一人でいなくなるから逆に目立ってたのかな!?)


「それだったら、かなり恥ずかしいな……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます