第12話 チョコちゃんの思いを俺に聞かせて?

 克己さんは私の横で何も言わずに、じっと座っていた。

 私は目線を下に落として自分の膝に置いた手を見ていた。


「支離滅裂でも良いよ?」

「えっ?」

「思ったこと浮かんだことを、ただ話すだけで良いから。話をしたらスッキリするかもしれないだろ? 話の筋道とか俺は気にしないから」

 克己さんの口調は優しかった。まるで何年も前からの友達みたいに。

 きっとお兄ちゃんがいたら、こんな感じなんだ。

 私は克己さんがそばに居てくれるのが嬉しくて、また涙が溢れてきて慌てた。

 弱ってる時に誰かが寄り添ってくれる。

 とても嬉しい。

 

 友達の瑠衣に愚痴をこぼす時もあった。けれど、今は瑠衣も大変な時期だ。あまり頼らないようにと思っていたから。


 こんな風に言ってくれる人がいる。

 私は克己さんに話してみようと思えた。


「えっと……」

「チョコちゃんの気持ちをさ、なんでもいいよ。俺に聞かせて」


 私は克己さんの優しい声と瞳に、心の固まった物が溶けていく気がする。


「昨日、会社であきれられたんです。仕事が遅いって」

「うん」

「あと……失敗も多くて。何度も怒られたり…」

「うん」


 私はポツリポツリと話してた。

 正社員になれない事や派遣では思うように収入が増えない事や、両親が亡くなった時の話……。

 二年前には長く付き合った彼と別れた話。

 仕事に活かせるものが何も自分には無くて不安だとか……。


 克己さんは「うん、うん」と相槌を打って聞いてくれた。

 ただ聞いてくれる。

 どうしたら良いとか、それは違うとか、自分の意見を言うことなく、じっと私の言うことに耳を傾けてくれた。


 どれぐらい経ったんだろうか。

 ゲートボールをしていたお年寄り達はもういなくなっていた。

 代わりに野球やサッカーをする子供たちや親子連れがやって来て、公園は笑い声や掛け声なんかで賑やかになっていた。


「そうか大変だったね。まだ辛いんだよな。俺は聞いてあげることしか出来ないけど、いつでも聞くよ? チョコちゃん」

「克己さん、ありがとう」

 私は急に恥ずかしくなっていた。

 すごいベラベラと色んなことを話してしまった。


 克己さんはベンチから立ち上がって「チョコちゃん!」と大きな声で私を呼んだ。

「あっ…はい?」

「喉乾かない?」

「ええ、はい」

 克己さんが私の肩をポンポンと励ますようにそっと叩いた。


「うちに行こうよ。そうそう、それからさ、ちょうど昨日作った新メニューの試作品があって。チョコちゃんにも食べてもらいたいんだ」

「えっ? 私なんかに?」

「常連さんに食べてもらいたいんだ。感想を聞きたい」

「私なんて」

「チョコちゃんが良いんだ。よしっ。行こう!」

 克己さんはベンチに座る私の両手を握って引っ張って、立ち上がった私の背中をぽんっと押した。


「マルさんが来るまでで良いから。俺と貴教に付き合って」

 キョトンとする私に克己さんはふわあっと笑ってた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます