第2話 双子のマスターと東雲のおばあちゃん

 喫茶「MOON」のドアベルが鳴る。

 カラン…カラン…。 

 私がふと扉の方を見るとこの喫茶店の一番の常連さんがやって来た。

「いらっしゃいませ。東雲しののめさま」

 喫茶「MOON」の昼の店主は双子の兄の方で常連客の一人が来店して来たので、にこやかに出迎える。

「はいはい。また来ましたよ」

 東雲しののめのおばあちゃんだ。

 おばあちゃんは東雲菓子店しののめかしてんの女将さんで旦那様が菓子職人である。

 御年81歳。

 そして喫茶「MOON」の人間模様やお客さんのだいたいの情報はこの東雲のおばあちゃんが私に教えてくれたものだ。


「お好きな席にどうぞ」

「はいはい、どうもね。………あれあれ? チョコちゃん来てたんかい?」

 私は東雲のおばあちゃんに小さく手を振る。

 東雲のおばあちゃんは気さくな方で人見知りの私にもよく話しかけてくれていた。 

 今では「チョコ」ちゃんと呼んでくれる。

 私の千代子という古くさい名前から

あだ名まで付けてくれた。

 私はあまり自分の名前が好きじゃない。


「おばあちゃん」

 カウンターの隅に座る私におばあちゃんはにこやかに笑いかけて「チョコちゃん。私と一緒に窓際の席に座ってくれないかい?」

「あっはい。喜んで」

 私は東雲のおばあちゃんの誘いに乗って窓際の席に移った。

 そうしたら例の彼の席のすぐ近くのテーブルに座れた。

 私はチラッチラッと眼鏡の彼を見る。

「マルさん。あの彼はマルさんだよ」

 東雲のおばあちゃんは眼鏡の彼のことをそう呼んだ。

(マルさん……)

 って! まさか東雲のおばあちゃんは私がマルさんの事を見ているのに気づいて名前を教えてくれたのではっ?

 うぐっ。鋭い……あなどれないな。

 東雲のおばあちゃん。



 私は店内を一度見渡した。

 カウンターにいるマスターと目が合うと彼はにこりと微笑んだ。

 昼の店主のお名前は南雲貴教なぐもたかのりさん。柔らかい陽だまりのような笑顔が素敵だ。


 実はこの喫茶「MOON」は美味しい珈琲や紅茶や軽食やスイーツ目当てのお客さんと、イケメンマスターの双子目当てのお客さんが多く訪れる。

 当然女子高生や女子大生や若い女性にも人気で夕方は学校帰りに寄る女子たちで混んだりする時間もある。

 

 マスターの双子の兄の貴教たかのりさんはこちらにやって来てニコニコとしながら、おしぼりとおひやを東雲のおばあちゃんの前に並べる。


「ご注文はお決まりですか?」

「ええ。いつものでお願いしますよ」

「はい。かしこまりました」

「あっ。私はエスプレッソを追加でお願いできますか?」

「はい。チョコちゃん」

 にっこり笑うマスターの貴教たかのりさんの顔は誰もが見惚みとれてしまうほどほんわかとして魅力的だった。


 マスターはものすごく格好いいんだけど、私は窓際の席のマルさんが気になるんだよなあ。


 なんでかなあ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます