第3話 瑠衣からのメール

 私は喫茶「MOON」で東雲のおばあちゃんとおしゃべりして、エスプレッソの苦味を楽しみながらマルさんを眺め、心地よい空間に浸っていた。


 不意にマナーモードにしている携帯電話がブルッと白のデニムジャケットのポケットで震えた。

「東雲のおばあちゃん。携帯電話を見ても良いですか?」

「はいはい。どうぞ」

 おしゃべり相手のおばあちゃんに断りを入れると、私は携帯電話を素早く確認してメールの返信をぱぱっと打ってまたポケットに戻した。


「友達が来ても良いですか?」

「あら? 私がご一緒しても良いのかねえ」

「あっ。良かったら。私の友達も前に話したら『喫茶MOON』とおばあちゃんに興味津々で、是非会いたいって言うんです」

「まあそれは楽しみね」

 私の申し出に東雲のおばあちゃんが上品で優しい微笑みで私を見てくれたので、ホッとしていた。


 この間うっかり友達の瑠衣るいしゃべってしまったのだ。

 喫茶「MOON」の美味しい珈琲や料理や双子のマスターたちと東雲のおばあちゃんと仲良くなったことや気になる人が出来たことが、嬉しくて喋りたくなって瑠衣るいに聞いて欲しくなっちゃったんだなあ。


 瑠衣るいは小学校からの友達で、今やっている派遣の仕事も一緒に登録した。

 私たちはお菓子の問屋のルート配送をしながら、配送が早く終わった日はお菓子の詰め合わせのラッピング包装をしている。

 正直言うと私も瑠衣るいも正社員になりたかった。

 私と瑠衣るいは同じ時期に偶然にも転職して次もすぐに見つかると二人してたかくくっていた。

 甘かった。

 再就職先がなかなか決まらないなんて思わなかった。


 東雲のおばあちゃんが卵サンドを食べ終え、ブルーマウンテンの珈琲を優雅に飲んでいた。

 喫茶「MOON」のドアベルが鳴る。


「いらっしゃいませ」

 双子のマスターの貴教たかのりさんが柔らかい声音で出迎えると、気合いを入れた服装に身を包んだ瑠衣るいが店内に入って来て私は思わず笑いそうになった。


 瑠衣るいは双子のマスターに会うから、お洒落してきたんだなと分かった。

 ちょっと瑠衣るいのそんなところが可愛くてうらやまましかった。

 私の格好はいつもの普段着である。『気になる人に会うのにラフ過ぎ!』って瑠衣るいにあとで叱られるかな〜?


 瑠衣るいは双子のマスターの貴教たかのりさんを見て、数秒ほど見惚みとれて口をあんぐり開けていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます