第8話 科学者


 科学者。


 世の中に科学者が存在することは、事実だ。だが――到底生計を立てることができるような職業ではない。


 入学式と履修登録を済ませて帰宅したユキは、早速母親に報告する。


「お母さん! あたし、科学者になる!」


 母親は、飲んでいたお茶を盛大に吹き出した。


「か、科学者!? そんな――何のためにあの学校に――」

「だって、科学は絶対に必要だもの! ロストテクノロジーなんかじゃない! あれも、これも、それも、ぜーんぶ根底に科学があるじゃないの!」


 家の中にある、科学技術が使われたモノを次々に指さしながら答えるユキ。呆然とする母親。それでも続けるユキ。


「科学がまた発達すれば、きっと世の中はもっと暮らしやすくなるはずよ! 動画で観るような胡散臭い科学者とは違う、ちゃんとした科学者の先生が居るはずの学校でしょう!? あたし、学校を出たら、科学の先生になりたいの!」


 呆れるしかなかった。安いとはいえない学費を払うのに、魔術ではなく科学を学びに行くなどと言われたのでは、一体何のためにこの子をここまで育てたのか、と。


 だが、母親はそれほど頭が悪いわけではなかった。自分の所有物でもなんでもないユキの人生はユキのものであり、他ならぬ彼女自身が科学という道を選択するのであれば、それは応援すべきだと考え直した。


「わかったわ。あなたがそうしたいというなら、必ず私やお父さんを納得させるだけの科学の知識を身に着けることね。それすらできないのなら、科学の先生になろうと、科学者になろうと、誰もあなたには付いてこない。まずは私たちを納得させることのできるだけの先生になりなさい」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る