第6話 魔術の世界

 この世界で、科学を信望している人間は、皆無といって過言ではない。皆が皆魔術を操ってを使い、車の運転をし、仕事なり家事なりをこなし、学校で習うことも歴史ですら科学信仰が失われたあとの世界のことが大半を占める。


 だが、世の中には確かに科学が存在していた、その証拠はそこかしこに見られた。




 例えば、車。


 魔術でエンジンを動かすようになったとはいえ、機械でできていることには変わりはなかった。機械を作る手段が工業ではなく魔術に変わっているという点を除いては。




 例えば、古い家屋。


 今となってはどうやって動かすのかを誰も知らないボイラーや太陽光発電パネル、壁一面にあるスイッチの類は勿論押しても動きこそしないが、それが何であるのかはごく一部の不勉強な人間でなければすぐに「電気のスイッチだ」と答えることができた。無論、電気が何であるのか、スイッチとは何であるのか、そこまでを理解している人間は少ないのだが。




 現状はといえば、当然ボイラーなどなくても風呂は湧く。だが、それはボイラーという仕組みが過去にあったからこそ、それを魔術に置き換えて動かしているだけのことであった。電気やガスの配線こそないものの、水道のポンプも電気で動いているわけではないものの、だが、水道という仕組みがあり、湯を沸かす仕組みがあり。


 集中管理センターで水の生成をする魔術師がいて、それを送り出すポンプを動かす魔道士がいて、水道が動く。


 湯沸かしや電灯など、ガスが必要に見えるモノに関しては、それぞれの家で家人が魔術で管理している。富豪の家庭では、それ専用にそれぞれ人を雇って済ませていたりもしたが。




 つまりは、人間が科学力ではなく魔力に頼るようになっただけで、この世界と現代日本においてさしたる違いなど見られないのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る