25……テネヴェを目指して

*2*


 ――見えねえな。視界、悪過ぎ。ティは気絶してるな。ずっしり来る。


 片手で水を掻き分け、ティティインカをしっかりと抱いて泳ぐは至難の業。世界がぼやける。


(泳ぎは得意だが、ここまで悪条件だと、賭けだな。俺が、王女を妻にした挙げ句、呪われ、地下井戸からの逃亡……笑うなら笑えよ。それにしても深く繋がっている)


 海面は眩く、ただ青が流れる地底湖を泳ぎ進むと、一際明るい海底に出た。地下階段を降りた分、海面に近くなっている。


 光に吸い込まれそうになり、イザークは泳ぎを止めた。


 海の中に、大きな粘土色の球体が落ちていた。球体は動こうと微動を繰り返す度に光を撒き散らしては、苦しんで、のたうち回っていた。時折悲鳴の如き震動を起こしては光を発する。赤い紐がズタズタに切り刻まれた如くの血を滲ませたように見える。


(この光線が地下井戸まで届いていたんだ。こいつは何だ)


 ――どこに行くんだ、あの球ァ。


 丸い球体は光を撒き散らしながら、海底を蠢いて、離れていった。


***


 途端に水面が眩しくなった。地上に出たのだろうかとイザークは遠くに眼を向けた。


 幅のある黒土の河。風景すべてには覚えがあった。ティティが洗い物をする川辺の延長線だ。ゆったり流れる水流は、敵ではなかった。


「ハピ河……繋がっていたのか」


 見慣れた風景にほっとして、ティティをすーっと泳がせ、低い河岸で引き上げた。


 空の光は殆どないに等しい。ゾッとしたとき、ティティの瞼が微かに動いた。


「おい、神殿を出たぞ、ティティ」


(起きねえな……ショックで深く堕ちてる。ここは、あれだな。俺の唇で……ちょっと照れくさいぜ。いや! この非常事態にグダグダ言っている場合か)


 自己ツッコミして、イザークは唾を呑んだ。ティティの唇はぷるんと膨らんでいる。


(さっき、ティティから口づけさせるように仕組んだが。あれは、感じた。柔らけぇ)


 イザークはチラチラと周辺の人影を確認し、咳払いをした。どく、どく、どく、どく。体の上下の鼓動に邪魔され、イザークは頭を振った。


「あー、んん……うるっせえな、俺のふたつの心臓

イブ

め! ――行くぞ、ティティ」


 ……ぴくりとも動かないティティに口づけして起こすべく、顔を近づけた。

(行っちまうぜ!)と覚悟を決めたところで、ティティの眼がぱっちりと開いた。色のない右眼の瞳孔がイザークを映している。把握ができていないらしく、両手を何度も見詰めている。


「わたし……水は……地下井戸は……ねえ、また涙目になってるけど」


 下心が洩れそうになって、イザークは腕を伸ばして骨なんぞを鳴らしてみた。

「ともかく、ここを離れたほうがいいな。町民を巻き込むわけにゃ行かない」


 ティティは靜かに立ち上がり、光の薄い空を見上げ、遠くに見えるオベリスクをただ眺めていた。姿は痛々しくも気品に満ち、女性特有の気高さを思い知る。綺麗で、気高いティティインカ。瞳がオッドアイになったところで、魅力は損なわれない。


(ほんと、俺の妻にゃ勿体ねえかも)言葉を押し込め、がりがりと頭を掻きながら、イザークはティティインカの細い腕に、手を伸ばした。


「敵が大きすぎたんだ、ティ。ラムセスの野郎は、一筋縄じゃ行かない。出直しだ」


 ティティは零れた涙を指先で押さえ、小さく首を縦に振って、気丈さをみせた。


「貴女の両親はテネヴェを超えたはずだ。行ってみる?」


「行く」ティティは小さく答え、ちら、とイザークを見やった。


「テネヴェって遠い?」


イザークは眼を細めた。優しく眺めると、ティティはどうしても視線を逸らしたくなるらしい。ちょっと、面白いと思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます