22……どこまでも甘ったれの王女

期待が絶望に変わった。ティティは服を握りしめたまま、背中を向けた。


「わたしに、得体の知れない水に飛び込めなんて言わないわよね? 絶対嫌よ! そもそも、貴方が死者の聖典の交渉なんて考えるからいけないの!」


聞いた途端にイザークは舌打ちした。


「どこまで甘ったれなんだかな。さすがの俺も呆れるほどの王女っぷりは見事だが」


 聞いた経験もない唸り声で、イザークはティティに躙り寄った。


「ひぃ」と眼を強く瞑るティティの頬に当たったはイザークの唇だ。


(え? それだけ? 頬に口づけ? どうして?)


 長い腕に抱き込まれて、ティティは眼を瞠った。(呪いをかけたわたしは、優しくされる資格なんかないのに)

さっきから唇がムズムズする。イザークの熱が残ったみたいだ。刻印された気さえする。

キスの先.....夫婦だからと過ちを許そうなんて。

(変わった人.......気になるな)

ぽん、ぽん、と背中を叩かれて、むっとした。


「わたし、子供じゃない」

「子供だよ。子供。事実や哀しみだけに真っ赤になって、先が見えずにおたおたする」


 が――ん……言葉を喪ったティティにイザークはにっと笑った。


「愛してるよ」


いや いきなり言われても......ティティは戸惑って指先をグリグリしてみせる。唇はムズるし指は落ち着かない。涙目になってイザークを見ると イザークは片目だけを細めてみせた。


「ありがと......この場合は私も言うべきよね」


オタオタするほおを両手で持ち上げられて、ティティはぽ、とほおを熱くする。精悍な手がほおから後ろ頭へ動き 強く抱き寄せた。ティティの裾の長いトーブが翻った。


「いや、いずれたっぷりと戴くから。ともかく、ラムセスをぶっ殺すもぶん殴るも。ここにいたら始まらねえだろ。マアトの夜の後だから、裁きも降っては来ないだろうし。ということで」


 ――え? 思う間もなくティティは短い叫びとともに、腰に腕を回され、有無を言わさずイザークに湖に放り投げられた。


(わたし、水に放り投げられたことなんてない――っ。沈む、沈む沈む……あら?)


 ティティは水の中でぷかりと浮いた事実に驚いてイザークを見やった。イザークは立膝に腕をかけ、人魚宜しく浮かんだティティを見下ろしている。


「浮いてる……ねえ、わたし、浮いてるの?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます