18……ひとりにしないで

 ふいに右目のイザークが霞んだ。「あ……」ティティは同じく左眼が薄くなったイザークを見詰めた。瞳には、右目の色のないティティが映っていた。


「ティティ、捕まってろ。大丈夫だ。視界がぐらつくくらいで落としはしねぇ」


「何故、わたしに優しくするの? 王の暇つぶしで降嫁したわたしを妻(予定)と呼び、どうして大切に出来るの? わたしは大切にしてあげていないのに」


「俺のことは俺が責任持って面倒見る。余力があれば頼むよ。捕まれ」


 ティティはがっしりした首に両腕をしっかりと回し、涙が零れないよう念じたつもりだった。なのに、涙は造反して、たくさん零れ落ちた。


「わたしは、貴方をまだ知らない。なのに、胸が痛いの。呪いをかけるつもりはなかった。呪いを受けるつもりも、なかった……っ! 憎んだことが間違いだった? では、家族を奪われたわたしの感情はどこへ向かうのが正しいの?」


 イザークはティティを抱き上げ、神殿を歩き始めた。螺旋に渦巻く冷えた石階段を、ゆっくりと降り始めたところで足を止めた。


「憎しみであれ、喜びであれ、感情は俺のものでも、世界のものでもない。貴女の感情は貴女だけのものだ。貴女が決めればいい」


 ――わたしが、決める……どこに向かうのか、決める。


 難しい問題だ。もの凄く考えなきゃいけない。ティティはイザークを見詰めた。


「……ひとりにしないで」

「了解。貴女、案外、甘えん坊だよな」

「甘えてなんかない。あまりに世界が寂しすぎるの! 貴女はわたしを甘やかしすぎ」


 イザークは嬉しそうに眼を細めた。ぱっとティティは視線を外した。突然微笑まれて、頬が熱い。


(何なの……どうして、こう、いきなり微笑むのよ、この人……)


 何重にも地下へ深く彫られた井戸へイザークは一歩一歩進んで行った。


 地下は冥府のアヌビス神の領域か。炎は細く立ちのぼり、死の世界への口をぽっかりと開けたように、地下へ、地下へと続いている。


(〝イホメト〟の文字は二度と口にはしないからね……ごめんなさい)


 ティティは涙の中、一人空しさと悲しさを噛み締めた。暖かい手と夫婦になるとの言葉をぐるぐるさせながら.... イザークはティティインカを見やり、微かに笑った------気がした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます