15……スカラベの呪いを兄へ!

*2*


 ラムセスは螺旋階段の上で、ゆっくりと獣を撫でた。と思うと、飛び乗って一気に舞い降りて来た。


「ご要望に応えた。我が妹」


(うう、近くに来たら来たで、苛々する。圧倒されてる場合? 絶好の機会到来よ)


 スカラベに爪を立てた。願いを込める時はふわりと大気に、今は深く、己の心の炎の更に奥に突き進む如く強く願う。


 ――ネフティス神よ、願いに応えよ。兄か何だか分からない男を連れ去れ――。


 ラムセスは厭きたとばかりに背中を向け、イザークに会話を仕掛けている。手の中の宝石は赤から濃赤に染まり、黒に近づいていた。熱に掌が少し焼けた。


(お願い。あの男に復讐すると決めたの。――そうして、平穏を取り戻すのよ!)


 ティティの心に呼応するかの如く、スカラベは赤く燃え上がった。イザークが予感を感じたかの如く、ゆっくりと振り返る瞬間と、儀礼鉾の何十名の名前が浮かび上がって、剥がれてゆく瞬間は一緒だった。


 歪んでゆらゆらと伸びてゆく名前。一つの文字が浮かび上がった。


 葦の穂・連なった麻糸・獣の肋骨・焼き上がった小麦粉の四つの聖刻文字がゆっくりとイザークとラムセスに重なる。間違いない。ラムセスの諱、見つけた!


「イホメト……だ……イ――ホ――メ――ト――……」


 ティティは迷わず口にした。マアトの呪の魔除けの願いの要領で、ゆっくりとスカラベにラムセスの諱を呪い、念を込めて織り交ぜてゆく。


「宝玉呪術のわたしの力、甘く見たのがツキよ!」


 取り出したスカラベはすっかり浄化されて白く濁り、如何なる念をも、受け入れるべき準備は整っていた。


「駄目だ! ティティインカ!」イザークの叫び声と共に、ティティはスカラベを高く翳した。


「現アケト・アテン王ラムセス! あんたの諱はスカラベに、運命もろとも封じ込める! ネフティス! 〝イホメト〟に天罰を!」


 太陽光線とも言えるほどの激しい光の泉が暗い神殿を突き抜けた。


 スカラベは熱く焼け付き、土を剥き出しにした大神殿

アペト・スウト

の床を黒く焼いた。光閃は大きく拡がり、拡散して、ラムセスとイザークを包み込んだ。


 願いはスカラベの中で、小さく爆発する。呪えば星が壊れるほど、周辺の磁場をも歪ませる。


「ラムセス、闇の世界で思い知るがいいのよ! 国は渡さないから!」


 ――やった、か……スカラベの呪いの術は初めてだ。


 ティティはぎゅっとこぶしを胸に押し当てた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます