14……兄妹喧嘩してる場合じゃないのに!

ラムセスは、今日は王の証のロブハーの紋章、アケト・アテンの歴代の統治者の名が彫り込まれている大きな儀礼

ぎれい

ほこ

を握っていた。


 ジャラリと鳴るは腕に嵌めた数重にも編まれた金鎖だ。


「何よ、王どころか神気取りの勘違い嘘つき兄! ……似てないわよ、絶対」


 隣には王に付き従う神獣〝ロブハー〟。虎の頭をし、鷲のような翼を持つ。尻尾は蛇のようにうねっていた。血が欲しそうな眼をしている。


「生かした生命を、謳歌しているようで何よりだ。妹よ。だが、何故ここにいる。イザーク。ここに妹を連れて来るなと言っただろうが」


 イザークは「不可抗力」と肩を竦めた。


「手車に潜んでいたんだぜ。おまえと同じ、手段を問わない様子だって」


 ティティは気付けばスカラベを握りしめていた。


(後はラムセスの諱

いみな

が判れば……そうすれば闇の中に引き摺り込める。ネフティス神に交渉して、この世界から連れ去って貰うのよ)


 諱とは誰もが持つ魂の名前で、ぼんやりと色づいて浮かぶ古代の聖刻

ヒエロ

文字

マガグリフ

だが、ティティには詠めた。最初は、自分の諱を詠めたところから、気付いた母との秘密になった。


 ――このティティインカを辱めるは許さない。


(できるかも知れない)ティティはラムセスの持つ儀礼鉾に目をやった。


 儀礼鉾には、歴代の王の名が連なっている。襲名したのなら、現アケト・アテン王、ラムセスも名を刻んでいるはず。


(お父様、感謝します。――貴方は、こっそりわたしに王家の秘密を預けてくれた。活路はいつだって秘密を暴くことから見いだせるのだと、教えてくださいました。落ち着くのよ。必ず、諱は見えるわ。悪諱

あくし

でもいいの。落ち着いて、ティティ)


「私があんたの言う通り、商人の妻になど甘んじていると思う? 見下ろしてないで、降りて来たら! 何よ、わたしが怖いからって高いところに逃げ込んで、みっともないわね」


「ほら、また兄妹喧嘩かよ。おまえら、本当に兄妹だよ。安心しろ、俺が保証するわ」


 ティティはイザークの腕を払いのけると、ぎんとラムセスを見上げ、睨んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます