裏5

「あはは。あはは。本当に行ったのね。贈り物もしたし、きっと楽しくしてくれるわ。そうでしょう?」


口元に笑みを浮かべながら、クリスタルを撫でた。

双葉と並ぶように現れたのは白兎のクリスタル。

さっきまで着てた服はなくなり、目を閉じて佇んでいる。


「なんで、兄さんが……」

「女王様ね。どうかしたの?」

「あなたが、これをしたんですか?」

「そうよ。そうだわ。そこの時計を持って、兎ちゃんは行っちゃったわ。わたしももう行くつもりよ!!」


空中を歩き、ニッコリと笑いながらくるりと回る。

拳を握り、クリスタルを抱き締めたアリスの瞳に、狂気が宿る。


「ふふっ逃がしませんよ。兄さん」

「あら、あなたも来るの? でも、どうやってかしら。気になるわ。気になるの!!」

「これ、ですよ」


懐から取り出したのは時計の秒針。

女王の仮面を被り、手の中でクルクルと回す。


「兄さん。兄さん。ああ、兄さん。私もすぐに行きます。絶対に、振り向かせてみせますね」

「いいわね。いいわね!! 女王様の力を全開にするのね! 楽しいわ。楽しいわ!!」


クルクルと回る秒針が、次第に時計へと変化していく。

それを天にかざす。

すると、アリスの体をクリスタルが覆い、意識を奪う。

そのままアリスはジャバウォックに捕らわれ、幸せそうな笑みを浮かべて白兎の隣に並んだ。


「兎ちゃんも大変ね。でも、楽しいわ。楽しいわ。とっても楽しい。もっともっと楽しくなるために渡したあのペンダント。活用してくれたら嬉しいわ!!」


ジャバウォックの仮面を被り、パチンと指を鳴らす。

すると、アイが姿を消した。


終末の訪れた世界は、誰にも救われることなく。化け物たちに蹂躙されていく。

この世界は、その役目を終えたのだ……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます