25

走る。走る。走る。

敵にも、人にも気づかれぬようにしながら、全力を持って街中を駆ける。


キョロキョロと辺りを見回し、耳を立て、気配を探る。


アリスが、どこにも居ない。


「くそっ」


初めて入ったときのアリス捜索を思い出す。あの時は一本道で、森の中に居るのでは? なんてことを考えながら歩いたものだ。


今は街中だ。

隠れる場所が多くあり、候補が無数にも存在する。

声を上げれば、ドードー鳥たちが大群で押し寄せてくるだろう。それで助かる命もあるだろうが、全体をどうにかするにはやはりアリスである。


早く。早く見つけないと……


気持ちだけが逸り、焦る想いが視野を狭める。

首を振り、体を動かし、足で稼ぐ。

商店街まで来たが手がかりなんて何もない。

どうしたら……


「あはは。兎ちゃんだわ。兎ちゃん。兎ちゃん。さっきぶりね」

「アイ……? うわっ」



アイが空から降ってきた。

唐突の出来事に慌てて腕を出して受け止める。

受け止めてからも腕の中でキャッキャッと楽しそうに笑い、するりと抜け出した。


「楽しいわ。楽しいわ。楽しいの。もう一度やっていいかしら?」

「駄目だ。忙しいから付き合ってる余裕はない。遊ぶなら勝手にしてくれ」

「それって、女王様のことかしら? 女王様。女王様ね!?」

「そうだけど、なんでそんなにテンション上がるんだよ」

「上がるわ。当然よ。この世界を選んでくれた素晴らしい女王様。嬉しくて、嬉しくて、嬉しくてたまらないわ!!」


全身で喜びを表すアイ。

その仕草に、苛立ちは募る。

この世界が嬉しいなんて、ふざけてる。


こんな風になってしまったせいで、何人死んだと思っている?

今も、どれだけの人が苦しんでいると思っている?


早くどうにかしないといけないのだ。時間は、待ってはくれない。


「俺は!! アリスに会う。ジャバウォックから時計を取り返す。そうしないと、いけないんだ」

「兎ちゃんはそれを望むの? そっちを選ぶの? この世界を見捨てるの?」

「今を生きる人を見捨てたくはない。それでも、俺が出来るのは……根本をどうにかすることだけだ」


白兎の言っていることがどれほど正しいのかまでは分からない。

だけど、他に方法があるのかも知らない。アリスと話せば少しは分かることもあるだろうけど、まともに話せる気がしない。


浩介と有村の死を見てしまったから……


この世界を選んだことを許せはしない。許せないからこそ、聞くべきなんだと思うのだ。


「そうなの。そうなんだ。分かったわ」

「なにがだよ」

「ジャバウォックを呼んであげるわ。呼ぶのよ。大変よ? 」

「呼べ……るのか?」

「そうよ。そうよ。わたしは呼べるわ。呼んで欲しいの? 呼んでいいの?」


ここであの巨体が現れれば、物凄い被害になることは目に見えている。

だが、別の場所で頼んで変にへそを曲げられても困る。

乗り気になっているときにお願いするべきか。


「頼む」

「いいわ。いいわよ。楽しいわ。兎ちゃんの選択。見届けるわ」


くるりと回って右手を差し出す。

そこには禍々しい化け物の仮面が現れ、嬉しそうにその仮面を被った。

手を振る。

両手を上げて、体全体を使って手を振る。

すると……


「マジ、か……」

「来たわ。来たわよ。これでいいわね?」


頭を垂れて膝をついた巨大な化け物が唐突に現れる。

建物に被害を与えない位置に、いきなりだ。

その肩には、あたふたとしているアリスの姿もある。

探しても見つからないはずだ。ジャバウォックに乗っていたのだから……


「アリス!!!!」

「兄さん……私は、双葉でーー」

「見たから分かってる。過去を偽った帽子屋の力。時を止める白兎の力。この世界のこと」


白兎が振り絞った力で見ることの出来た過去。あれが全てではないのだろうが、大まかの流れを知ることは出来た。

取り戻さなければならない力と過去。

アリスの顔が青白くなった。


「あはは。あはは。わたしに出来るのはここまで。ここまでよ。後は兎ちゃんが頑張るだけよ。応援はしないけど、見ててあげるわ!!」

「そうかよ」


身を低くし、矢のように駆ける。

まずは、アリスの側に行く。話はそれからだ。


「兄さん。なんで、兄さんも!!」

「くそっ」


ジャバウォックがその場で横に一回転。

ミキサーのように広範囲を破壊し、立ち上がる。ギリギリジャンプし、建物の破片を避けながら足場にして逃げるが、一撃が大きい。大雑把に行動しても致命傷になるような攻撃をしてくる。


「お願い。兄さん」

「なんなんだ。本当に!!」


腕が伸びてくる。

両手を交互に、手のひらを広げて俺に向かって伸ばすその行動は、確実に捕まえに来ていた。

近くの建物を破壊し、人を巻き込みながら高速で動いてくる。

幸いにも、足場は無数に作られた。

ジャバウォックが掴んだ物を空中に大きな塊でばらまくのだ。


必死だった。


腕を見切り、近づき、回避する。

読み間違えたら握り潰されて終わりそうな条件の中、必死に前へと出る。

下がることは出来ない。ここで退いても、世界の終わりがあるだけだ。

なら、最悪の状況にも食い付くしかない。


冷や汗が止まらない。


真横を抜ける風を痛覚のない。体でも感じられる。死の真横を空に向かって駆けていく。

恐怖しかなかった。

それでも、救えるものがあると信じて前へ向かう。


もう、すぐそこまで迫っているのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます