そもそもどうしてこういう連載をしているのかって

 前の更新ぶんと若干、内容が被るかもしれないが、やはりあたらめて思うので書きしるしておくと、日々は過ぎゆくからだ。

 いま日常であることは間違いなく十年後はある意味では日常ではない。

 そして人間の記憶というのは不確かで、想わなければだんだん過ぎゆき遠ざかるものだ。


 いま、ここにあるものを書きしるすというのはむつかしい。それは当たり前にいまここに、あるいはほんのわずか過ぎ去ったものにすぎなくて、つかもうと思うよりはそこにひたっているほうが簡単なものだからだ。


 だが、だからこそ日常を書いていくことを諦めたくない。

 しんどかったり、多少時間も労力も使ってでも、


 書きしるしていくべきは、じつはいま当たり前にある日常のほうなのかなあ、って思ったり、する。怠惰な自分へのある意味いましめ。ひたっておきたいことであればあるほど、書いていくことに意味がある、価値がある、そうして「いっしょにいたこと、いっしょに起こったこと」を、曖昧な時の流れに手放さなくて済むようになる、かもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます