第5話 文学はカレーの香りがする

 文学はカレーの香りがする?

 カレーは文学の香りがするの間違いじゃないの? タイトルミスってない?


 と思うかもしれませんが、ミスってません。『文学はカレーの香りがする』で正しいのです。


 それは、なぜか? それをこれから説明します。



 カレーにはたくさんの種類があります。チキンカレー、ビーフカレー、シーフードカレー、グリーンカレー、等々。

 それは、なぜか? 人によって好みが違うからです。


 文学にはいろいろな種類があります。純文学、SF、ミステリー、詩、ファンタジー、転生モノ、ラブコメ、等々。

 それは、なぜか? 人によって好みが違うからです。


 ある人にとって好きなカレーが、他の人も好きだとは限りません。甘口が好きな人は、激辛のカレーは食べられないでしょう。逆に、激辛が好きな人は、甘口なんか美味しくない。シーフードが嫌いなら、シーフードカレーなんて食べられない。


 ある人にとって好きな作品が、他の人も好きだとは限りません。ハッピーエンドじゃなきゃ嫌だという人もいれば、バッドエンドを好む人もいる。純文学を面白いと思う人もいれば、どこが面白いのかさっぱりわからない人もいる。


 カレー好きが高じると、自分で作り出す人がいます。もちろん、最初はうまく作れないわけですが、だんだんうまくなると、自分で作ったカレーが一番美味しいと思うようになる人がいます。それは、人によって味覚が違うので、自分の味覚にマッチしたものを作っているからです。


 文学好きが高じると、自分で書き出す人がいます。もちろん、最初はうまく書けないわけですが、だんだんうまくなると、自分で書いた作品が一番面白いと思うようになる人がいます。それは、人によって感性が違うので、自分の感性にマッチしたものを書いているからです。


 自分でカレーを作る人はだんだん調子にのってきます。最初は自分のために作っていたのに、人に食べさせるようとします。『そこらへんの店より俺のカレーの方がうまいぜ』と。


 自分で文学を書き出す人はだんだん調子にのってきます。最初は自分のために書いていたのに、フォロワーに読ませようとします。『そこらへんの作品より俺の作品の方が面白いぜ』と。


 自作カレーを振る舞われた友人はこう言います。『美味い! 店、出せんじゃない』と。


 自作の作品を読まされたフォロワーはこうコメントします。『面白い! これを評価しないなんて運営クソだな』と。


 しかし、カレーを食べた友人は心の中ではこう思ってます。『誰が食べてもうまいカレーを作るのって難しいんだな。なんだかんだでプロは凄いんだな』と。


 しかし、作品を読まされたフォロワーは心の中ではこう思ってます。『誰が読んでも面白い作品を書くのって難しいんだな。なんだかんだでプロは凄いんだな』と。




 文学はカレーの香りがする。


 カレーとおんなじで、ひとりひとり好みが違う。

 カレーとおんなじで、つい自分で作りたくなる。

 カレーとおんなじで、作ると人に食べさせたくなる。

 カレーとおんなじで、美味しいって言われると嬉しくなる。


 本当は、みんな、気を遣ってくれてるって、わかってる。

 自分でも、名店のカレーのほうが美味しいって、わかってる。


 でも、やっぱり、自分で作りたくなるんだ。


 文学はカレーの香りがする。

 自分で作ると美味しいよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る