同じクラスの少年

 新学期が始まってから一か月が過ぎ、五月になった。現在はゴールデンウィークの連休中だ。


 夕菜は夜風を浴びながら一人ゆっくりと自宅へと帰路を歩いていた。


 友人たちと遊びに行って解散後、自宅まで歩いて帰れる距離だったので、歩いて帰ることにしたのだ。


 辺りはすっかり暗くなっており、街灯だけが夜道を照らしている。


 人通りの少ない街路を住宅地へと向かって歩いていると、不意に声を掛けられた。


「ねーねー、キミぃ、ちょっと俺達と遊ばねえ?」


 声の先には、いかにも悪そうな風貌の男が三人、道路の向かい側の暗がりで煙草を吹かしながらだらだらとたむろっていた。


「いえ、結構です」


 こういう連中とは関わりたくないと思い、不安を抑えつつ、急ぎ彼らの前を通り過ぎようとした。


「いやいや、ちょっと待ってよ」


 一人が立ち上がる。


 夕菜はそれには答えず、歩くスピードを上げた。


「いいじゃん、ちょっとくらいさぁ」

「ちょっと! 離して!」


 追いかけて来た男に左腕を掴まれ、足を止められた。


 思わず振り返ると、下卑た男の笑みがあった。


 掴まれた腕を振り払おうとするが、男の力は強く、振りほどけない。


 仲間の二人も立ち上がってにたにたと笑みを浮かべながら近付いて来ると、あっという間に三人に囲まれてしまった。


「へへ。いいから待てって」

「離してって言ってるでしょ!」


 腕を振り、精一杯の力で振り解こうとした。しかし男の手から逃れることが出来ない。


 さらに男は三人だ。逃げられない不安と実感が押し寄せてきた。


(誰か……!)


 周りを見回すが、暗がりの中、歩く人の姿は見当たらない。


 すぐに右腕も後から来た男に掴まれてしまった。両腕を掴まれ、抵抗しても全く敵わない。


 そのまま無理矢理引きずられ、近くにあった街灯が夕菜の顔を照らした。


「おいおい、この子めちゃ可愛いじゃねえか」

「マジマジ? うお、本当だ! 上玉じゃん?」

「やべえ、マジラッキー!」


 男たちの興奮した表情を見て、あまりの恐怖で体が震えた。


「とりあえず車に乗せようぜ」

「オッケー」


 不良たちは夕菜の両腕を掴んだまま、人気のない路地を引きずっていく。


「離して!」


 車に乗せられてしまったら終わりだ。何をされるかわからない。


 そう思い、必死に抵抗するが、どうしても三人の男たちには敵わず、さらに路地を引きずられていく。


(怖い……私、どうなるの……?)


 多分車までは遠くない。本当に絶体絶命だと思った。


 そのときだった。


「ちょっと待った」


 その声は天の助けかと思えた。


 振り向くと、そこにいたのは、黒のパーカーのポケットに両手を突っ込んだ一人の高校生くらいの少年だった。


 暗がりの中、黒髪が見える程度で顔ははっきりとは見えない。細身で草食系の男子という印象だ。


「その子、俺の連れなんだよね」


 彼は何とか自分を助けようとしてくれているらしい。


 夕菜は助けが現れたことに一瞬安堵したが、まだ不安は消えなかった。助けに現れたのは草食系の少年一人。相手はいかにも悪そうな不良が三人なのだ。


「は? 男連れかよ」

「嘘じゃね? こいつ明らかにたまたま現れた感じじゃん」

「つーか、どっちみち関係ねえだろ。どうせ連れてくんだし」


 やはり不良たちは少年が現れたことなどお構いなしに自分を連れていくつもりらしい。


 少年一人が現れたところで、この状況を乗り切るのは困難に思えた。


 しかし、少年はというと意外なほど落ち着いた様子だ。


 彼は鋭い眼差しで不良たちを睨み、そして不愉快そうに言う。


「女の子一人を三人掛かりで無理矢理? まともな人間のやることじゃねえだろ」

「ああ? 知ったことかよ」


 少年に真っ向から批判され、一人の不良が苛立ち始めた。


「まあまあ。こいつの言う通りじゃん? 俺ら鬼畜だし」

「だな。なあ、この子は俺らと遊ぶみたいだからお前は帰れよ」


 一人がへらへらと笑いながらも威圧するように少年に迫る。


「帰るよ。その子を連れて」


 少年の声音が段々と変わってきている。目つきはさらに鋭くなり、苛ついているのがわかる。


「あ? 一人で帰れっつってんだよ」

「いいんじゃね? もうこいつやっちまって連れていけば」

「そうするか。大人しく消えねーからしょうがねえし」

「一人で現れるなんてバカだねー」


 一人は怒りを露わにし、残りの二人はにたにたと笑っている。彼らが暴力によって少年を排除しようとしているのは明白だ。


 あまりに救いのない不良たちの言動を目の当たりにし、夕菜はさらに不安になった。


 しかし、思いもよらない冷たい声が響いた。


「クズ共が。お前らは許さん。元々許す気はないがな」


 少年の声には、明らかに怒りが入り交じっていた。


 そして、彼が放つあまりの威圧感と殺気に背筋が凍る。


「は? な、何だこいつ……」

「おい、もうさっさとやっちまおうぜ。人が来ると面倒だしよ」

「そ、そうだな。あーあ、痛い目みないうちに早く帰っとけばよかったのに」


 不良の一人が少年に近付き、拳を振り上げる。


「オラァ!」

「きゃあぁぁぁ!」

 

 夕菜は悲鳴を上げ、顔を背けてしまった。


 およそ十秒くらいだろうか。いつの間にか、自分の腕を掴む力がなくなっていた。


 恐る恐る目を開くと、夕菜の周りには三人の不良たちが倒れていた。どうやら意識を完全に失っているようで、三人ともピクリとも動かない。


 少年の方はというと、何事もなかったかのように、ポケットに両手を突っ込んだまま立っていた。

 

(えっ……何これ? こいつがやったの……?)


 顔を背けていたため見ていなかったが、状況的にそれしかないはずだ。それしかないはずなのだが、それが信じられない。


 何が起きたのか理解出来ず、さらに不安と恐怖がまだ残っており、しばらくの間その場を動けずにいた。


 夕菜がそのまま呆けていると、少年はゆっくりとこちらへ近付いてきた。


「大丈夫?」

「えっ……? あ、はい……」

「人が多いところまで送るよ」

「は、はい……あの、本当にありがとうございます……」

「ああ」


 夕菜は差し伸べられた少年の手を取り、近くで顔を見上げて気付いた。


 少し長めの黒髪に黒い瞳。細身で整った顔の草食系の少年。


(こいつ、同じクラスの──!?)


 それは、いつも窓際でぼーっと過ごしているクラスメイトの男子だった。


 彼はそのまま夕菜の手を引いて歩きはじめた。


 握られた自分の手を見ると、その手が震えていることに気付いた。そして恐怖からか安心からか、自分の目からは、いつの間にか大量の涙が溢れていた。


(……本当に、怖かった)


 まだ心臓はばくばくと緊張したままだ。両足はしっかりと歩けている実感もないくらいに震えている。


 彼はこのことに気づいているのだろうか。


 少年は先程から黙ったまま歩いている。夕菜も手を引かれながら、黙って彼の後についていった。


 静かな夜道を二人はゆっくりと歩く。多分、彼は自分の歩幅に合わせてくれているのだろう。


 そうやってしばらく歩くと、手の震えも止まり、夕菜は段々と落ち着きを取り戻していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る