詩と小説のあいだ

作者 紙野 七