雲雀の歌

何にもしたくない


何にも聞きたくない


何にも食べたくない


誰の存在も受け付けない 


それが君の勝手



最初からそこにいるわけないのにね


君はどこに向かうのか


どんな雲雀になるのかな


あの日の歌は


饒舌でなんだか熱っぽかった


あの日の色は


淡いなんかでは済まされなかった



鳥籠の記憶も


餌の味も


木漏れ日も


全部置いて


何もかも忘れて


何もかも切り捨てて




真夜中の三月に消えてほしい


クラクションの合間 新宿に消えてほしい




友情と感情の狭間で消えてほしい


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

孤歌 隣町こゆう @T_koyu0331

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ