通り雨の歌

空から血の雨が降ってきて


撃たれたんだと知る


鮮血に犯された6月


巷では梅雨っていうらしい


僕はまた一人になって


宙にまって


あぁ、ほら小惑星


衝撃的で刺激的


そんな月嫌だって心から叫んでた


喉の奥から血が滴ってる


撃ったのは僕の意思


僕は誰にも侵されない


僕の雨


僕の長雨


ぼくの通り雨

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます