迷路の詩

ああ


月が霞んでいく


汝はどこに向かうのか


この荒涼とした茨の道


あるのは


悲劇か

喜劇か


手を取ったのは


天使か

悪魔か


もう止めるものもない


盲目な道案内


嘘か

誠か



月明かりでもいいって思ってた


時すでに

照らすものなんてなかったんだ


月光

なんて

嘘だった




もう月が消える


もうじき雨が降る


帰り道が分からないの



もう戻れはしない

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます