水精演義

亞今井と模糊

序章 一滴の雫

00話 涸れた泉と居候

「母上……」


 声に出してはみたものの、きっと届いていないだろう。


 立っているのが辛くて泉を囲む土手に寄りかかった。水の中にあったはずの土はすでに渇いてヒビが入っている。雨でも降れば少しは違うかもしれない。しかし自分の最期の時が1日、2日延びるだけだ。涸れる泉を甦らせるほどの雨など見込めないだろう。


 泉といってもこれじゃあ、水溜まりだなぁ。

 目の前には濁った水が溜まっているだけだ。


 ――――。


 何かに呼ばれたような気がして重い首を持ち上げた。


「……兄上」


 もたれた土手の上に兄が立っていた。逆光で表情はよく分からない。


 こちらに降りてくることは無さそうだ。

 自分はもう助からないのだろう。


 自然の摂理で失われるものは助けてはいけない。幼い日、そう教えてくれたのは母だったか、兄だったか……。


 実際のところ、助けたくても方法がわからない。というのが本当だろうな。 

 頭の隅で部外者のようなことを考えてみる。体は辛いが頭は冷静だった。


 この泉に水が湧かなくなってどのくらい月日が経ったのだろうか。いつかこういう日が来るとは思っていた。それでも長く持った方だろう。


 この水が完全に消えたときが自分の最期だ。最期に見るものは何だろうか。


 出来れば母に一目会って挨拶をしたかったな。


 そうだ、兄上……


 今まで数多くいる兄弟にうとんじられてきた。その中で唯一自分に優しかった兄。一言だけでも伝えようと力の入らない体をなんとか振り向かせる。……もう兄は立っていなかった。

 それを確認した直後、がっかりする間もなくざわりと鳥肌がたった。


 何だ……?


 体をもとに戻すと、泉のあった場所を挟んで誰かが立っている。じっと足元を見つめていたが、何も言わずにそっと屈む。もう水溜まりとさえ言いがたい僅かな泥水に手を浸した。黒っぽい泥水のせいか手がかなり白く見える。


 ……そんなに綺麗な手を汚さないで。


 澄んだ淡い色の着物も、天ノ川のような長い銀髪も、自分を見上げてくる濃い色の瞳も、すべてが太陽の光を跳ね返すように主張して眩しい。


 誰?

 と聞いたはずだった。でも声がもう音になっていなかった。

 母上。僕は最期にとてもきれいなものを見ることができました。どうか末永く……末永くご健勝で……


 どこか遠くに美しい唄を聞きながら、上下のまぶたが磁石のように引き寄せられる。



 巡れや巡れ

 流れる水よ

 この世の行のけがれを集め

 この世の悪を凍らせよ


 舞えや舞え舞え

 飛び散る水よ

 この世の行の癒しとなりて

 この世の善に渡らせよ































 朝霧あさぎりで柔らかくなった陽射しで目が覚めた。木々の葉が風になびき、光が揺れている。


 枕元の時計に手を伸ばした。いつもの起床時間よりも少しだけ早い。布団から腕を生やし、大きく伸びをする。寝直すほどの時間はないので、起きることにした。


 一晩蓄えた湿気は気になるが、そのまま寝床を整えてしまう。部屋から出て庭に降りた。ふかふかとした草の間に置かれた石の上を辿って水場へ向かう。そこで顔を洗うと額の髪からポタポタと雫が滴った。


 朝日を取り込んだ目の前の雫を拭き取らずについ眺めてしまう。


 雫――――それが僕の名だ。


 恐れ多くも水の精霊を束ねる水理王からいただいた名前だ。由来は湧泉だった僕の水がたった一滴ほどしか残らなかったから、らしい。


  僕は小さな泉の精霊だった。


 もうほとんど涸れた状態のところを水理王であるびょうさまが救って下さった。十年ほど前のことだ。僕のような最下位の精霊まで気にかけてくださって、淼さまには感謝してもしきれない。


 だが、精霊の世界では、滅ぶべきものは助けてはいけないのがルールだ。

 精霊にとって絶対的存在の理王といえど、それは覆らない。むしろルールを管理すべき理王だからこそ、それを破るはずがないのだ。


 だから僕を助けたのは違反では? と尋ねたことがあった。しかし淼さまは笑いながら、すくっただけだ。とおっしゃった。


 ……理王がそう言うならそうなのだろう。

 僕はもう泉の精ではない。ただ一滴の雫。それが今の僕だ。まだこの世に存在している。それで充分だ。


 額の雫を拭き取りつつ、自室に戻って手早く着替える。仕上げに前掛けを締めて気合いを入れた。朝食を作りにいくために僕は自室を出た。


 自室と言ってもここは理王の住む王館おうかんだ。僕のような最下位の精霊が住むような場所ではない。


 体である泉を失ったとき、そのまま消えてしまえば問題なかったのだろう。しかし、泉は僕の家でもあったのだ。住むところがなくなってしまった。それを見かねて淼さまが王館の一室を貸してくださったのだ。


「私のところへ来るか?」


 びょうさまがそう仰ったときは信じられなかった。低位の精霊は、理王を拝むことだって難しい。呆気にとられる僕にびょうさまは続けた。


「行くところがないなら、王館おうかんで水回りの仕事でもすればいい」


 こうして、泉の管理という本来の仕事を失った僕は、新たに王館での食事の支度、洗濯などの主に水回りの仕事が与えられた。僕には充分すぎる仕事だ。仕事があるって素晴らしい。


 僕は精霊としては最低の地位だ。更に本体を失い、もはや精霊としてはギリギリの存在だ。


 雲の上の上の存在である理王に毎日会って、同じ建物で寝起きしているなど……十年経っても信じられない。


 朝食を作るべく厨房に立って袖をまくる。昨夜のうちに海草を着けておいた鍋を確認する。火が点いたのを確認しながら水菜を掴んだ。手を動かしながら今日の予定を確認する。


 食事のあとは風呂掃除だ。広いから全部を洗うのに午前中いっぱいかかるだろう。そのあとは……応接間の敷物を洗っておくように言われたんだった。霧も晴れて来たし、掃除の前に洗ってしまおう。それが終わったら……


 とこんな感じで僕の一日は過ぎていく。今日も平和だなぁ。


 ぐー。

 魚を持ったところでお腹から間の抜けた音がした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る