第10話 転校生の井坂幸は何も知らない(10)

 飯を食べながら、今後のことについて考える。

 どうにかして、転校生には友達を作ってもらわないといけない。

「さて、と。これからどうするか……」

「すいません。上手くいかなかったの私のせいですよね」

「あ、ああ。別にいいよ、気にしていなかったから」

「え、ええ……」

 あー、やばいやばい。

 なんか、独り言無意識の内に呟いてた。

 独り言って、どうしても出るんだよな。

 人と喋っていていないと、勝手に出るもんなんだろうか。

 独り言呟くと、え、どうしたの? とか質問されるから、面倒なんだよな。

 別に話しかけたい時は、独り言なんて言わずに、こっちから話題振るっていうのに、なんで質問してくるんだろう。

 話したくないから独り言呟いてんのになあ、こっちは。

 できることなら、飯の時間は飯に集中したいっていうのに。

 まあ、たまには喋ってやるか。

「まあ、友達二軍のモブ子と話せてよかったな」

「え? 友達二軍って?」

「そのままの意味だよ」

 箸を一本、二本と上に上げて、分かりやすく説明してやる。

「友達には一軍、二軍がある。ずっと一緒に仲良しなのが一軍。だけど、気が合う人間なんて限られるだろ? そんなの二、三人しかいないはずなんだ。どれだけ友達が多くてもな」

 友達十人以上いるとか、ほざく奴はただの人格破綻者だからな。

 絶対に無理。

 中学の友達で五人、高校の友達で五人ならまだ分かる。

 だが、たくさん友達いるとか嘯くなら、話が変わってくる。

 そいつら全員と、毎日連絡を10分以上取り合っているのか?

 週一で、遊びに行っているのか?

 ずっと一緒にいるのなんて不可能なんだよ。

 友達は少ないから友達なんだ。

 それが絶対の定義なんだよ。

「だけど、風邪をひいて誰かが欠席して人数が足りない時。もしくは五、六人の班行動の時に人数が必要になる。その時に、大して話したことのないモブと話すのは楽しくない。だから、そういう緊急時のために、友達じゃない友達を作るんだよ。それが『友達二軍』だ」

「なんで、そういう発想になるんですか。もしかしたら、本当に友達かもしれないじゃないですか」

「お前は本当にお気楽だな」

「どういうことですか!?」

 幸せそうで羨ましいよ。

 まあ、そんな能天気だから友達二軍にすら入れず、友達三軍なんだろうけどな。

 でも、こいつなりに頑張っているんだよな。

 モブ子とたどたどしくも、話せたのは偉い。

 たった一言、二言だったとしても、だ。

 中々勇気がいることだからな。

 これで突破口も見えた。

「……外堀から埋めていくか」

 色々と戦略は練った。

 だけど、それは俺基準だったな。

 俺だったらどうするか。

 俺だったら何ができるか。

 そればかりを考えていた。

 だけど、ここからは違う。

 転校生基準で友達作りを手伝ってやりたい。

 そのためには、もっとこいつという人間を知らないとな。

「生物室で席に着いた時、隣の人間と話したか?」

「いいえ」

「いいか。無理をしろとは言わない。だけど、本当に友達が欲しいなら、チャンスは逃すな。一気に距離を詰めようとするな。一言でいい。たった一言でいいから、隣の奴に話しかけろ。それは誰でもいいんだ。教科書今、何ぺージとか、え、今、先生何言ったの? とか、そんな自然な一言だけでいい。それだけでお前に友達ができるきっかけができるんだよ」

「わ、分かりました!」

 姿勢を正す。

 こっちの本気が伝わったようだ。

「生物室から入る時に、いろんな人間に見られていたはずだ。そして、みんなこう思ったはず」

 一拍置くと、

「『あの転校生は、あのグループと一緒にいれるぐらいのレベルにいる』と」

 事実を伝える。

 真実じゃなくてもいい。

 大切なのは、周りにそう思わせることだ。

「クラスカースト上位と話せるぐらいの地位にいると分かれば、他の人間だって、お前の存在を無視できないはずだ」

 これでガンガン話していってもいいはず。

 すぐにこの魔法という名の誤解は解けるだろうが、少なくとも数日は持つはずだ。

 多少変なことを口走っても、どうにかなるだろう。

 ボッチになるやつは大概、変な行動を起こしやすいしな。

 こうして、男と一緒に二人きりで飯食っても、何とも思っていないみたいだし。

 あり得ないよな。

 高校生で男女二人きりの空間で、飯を食って、それで平然としているなんて。

 普通、他の人間に見られたらどうしようとか思うはずだ。

 そんなことにも気が付ないこいつには、転ばぬ先の杖が必要だ。

 そして、杖は手に入れた。

 だが、それだけじゃ手持ちの武器が心許ない。

 他にないのか?

「共通の趣味とか、話題があればなー。何かあるか?」

「いいえ。そんな特に……」

「家に帰ったら何してるんだ?」

「えー、と。テレビ観たり、スマホで動画観たり、あとは、風呂入って、寝るだけですかね」

「普通だな」

「別に、普通でいいですよね! そんな露骨に『私がつまんない人間』みたいな言い方しなくていいじゃないですか」

「いや、別にそんなこと思っていないんだけどな……」

 だめだ、こいつ。

 個性というものがまるでない。

 短所でもいい。

 何か突出したものがあれば、そこから作戦が思いつくことだってあるはずなのに。

 これじゃあ、正攻法しか使えないな。

「じゃあ、次の授業の話とか、宿題やったとか、昨日のドラマの話とか、化粧の話とかかな。化粧はするよな?」

「ま、まあ。人並みには。でも、やっぱり高い化粧品買えないから、もっとちゃんとしたいんですよね」

「ああ、そっ」

「話振ったんですから、もうちょっとまともな反応してくれませんか?」

 心底どうでもいい。

 逆に男子が化粧のこと知っていたら、ドン引きするだろ。

 まあ、男で化粧する人とか、男性用下着の需要は昔に比べたら格段に上がっているらしい。

 けど、俺は興味ないからな。

 女子みたいに化粧に興味は持てない。

 他の女子が興味ある話題といえば、まあ、ありきたりだけど、あれだな。

「他人の悪口が一番いいんだけどなあ」

「悪口?」

「罪悪感があればあるほど、秘密の共有があればあるほど、人と人との結びつきは強くなる。まあ、それを友情と思い込む性質があるからな。でも、まあ、やりたくないんだな? それは」

 話している途中だというのに、随分と嫌そうな顔をされた。

 分かりやすいな、こいつは。

「だって、他人の悪口を言って仲良くするんですよね。そういうのは、ちょっと……」

「だろうな」

 糞真面目というか、何というか。

 こういういい子ちゃんタイプは、女子に嫌われやすいんだよな。

 偽善者っていうか。

 他人の、特に男子の悪口を大声で言うような女子は、女子から好かれやすいんだよな。

 好感度が下がらないための、防波堤として使えるからな。

 そういう悪口言える女子は。

 自分は男から非難されないよう、黙って後ろにいて、コソコソと指示を出す。

 そして自分は他人から必要とされていると思って、どんどん自分の好感度を下げながら男の悪口をいう粗暴な女子。

 お互いに利害関係があるからな。

 他人の悪口を言いづける人間っていうのは、世間的には悪かもしれない。

 だが、一定の需要はあるのだ。

 他人をほめるよりも、悪口を言う方が簡単だから、できればやって欲しい。

 だけど、まあ、そうだな。

 転校生にその適正はないかもな。

 性格的にもだが、そもそも、転校生は転校生だ。

 転校生だから、誰がいいとか、悪いとか分からないからな。

 悪口は悪口で言うのには、才能がいる。

 相手が何を気にしているのか。

 何を言われたら一番嫌なのか。

 そして悪口を言いまわる友達が、どんなネタの時に一番嗤っているのか。

 その辺を見極めるだけの才覚は、持ち合わせていないだろう。

 だったら今は、できることをやっていくしかないな。

「『将を射んとする者はまず馬を射よ』って言うからな。とりあえず、モブ子を射るぞ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る