第5話 転校生の井坂幸は何も知らない(5)

 村上はパン派。

 それが、あいつらの喧嘩の原因。

 そう告げた時の転校生の顔は面白いぐらいに硬直していた。

「え?」

「村上は朝パン派で、モブ子はごはん派だから、朝パンだとお腹減りませんか? って質問しただけで、あのブチギレ具合だよ」

「……そんなことで?」

「ああ、そんなことであいつは本気でキレている」

 唖然としている。

 でもさ、そんなもんなんだよなあ。

 人が本気でキレる理由なんてそんなもんなんだ。

 まあ、あいつの場合はちゃんと背景があるけどな。

「あいつはさ、高校デビューなんだよ」

 村上夏樹。

 あいつとは腐れ縁なのかな。

 同じ高校に入学するとは思わなかった。

「もしかして、中学の時から?」

「ああ、同中だよ」

 あの頃とはまるで違う。

 中学の時は、温厚でもっと接しやすい奴だったんだけどな。

「元々あいつは、教室の隅にいるような連中だったよ」

 今とはまるで真逆だ。

 クラスカーストの頂点に立つあいつは高校デビュー。

 そんなの、同じ中学の奴なら誰だって知っている。

 だが、告げ口はしないだろう。

 そんな度胸のある奴はいない。

 そんなことを言ったら、村上に何をされるか分からないからな。

 あいつは、今の立場に執着している。

 それも異常なまでに。

 それは、傍から見るだけでも伝わってくるからなあ。

「群れの頂点を極める奴っていうのは、大体粗野な言動で頭が悪い奴が多い。だけどここの学校は進学校。中学の時にスクールカースト上位にいた連中は軒並み学力の低い高校に進学するか、就職した。つまり、王座は空席となった」

 不思議だよなあ。

 環境が変わるだけで、今までスクールカースト下位だった奴が、上位にいっきに躍り出るわけだから。

 ぶっちゃけ仲間意識はあったんだ。

 村上個人ってわけじゃない。

 スクールカースト下位の人間全員にだ。

 みんな、みんな、辛いよね。

 でも勉強いっぱいして、そして高校入学したらきっと変わるよ。

 今は生きづらいけど、きっと環境が変われば何とかなる。

 好転する。

 だって創作の中の高校生は輝いている。

 悩みなさそうだし、みんな楽しい日常を送っている。

 中学にはない、珍しい部活動。

 肝試しでの男女ペア。

 屋台や劇のある学園祭。

 体育祭での男女混合の二人三脚。

 スキー旅行。

 そういう楽しそうな行事が、一瞬たりとも頭に過らなかったといえば嘘になる。

 だけど、現実はそうじゃなかった。

 何も変わらなかった。

 中学と同じ。

 いや、むしろ悪化している。

 中学で息巻いていた連中は、未だに好きになれない。

 だが、あいつらは、あいつらでストッパーがあった。

 でも、村上にはそれがない。

「その空席に座ったのがあいつだ。だからこそ必死なんだよ。高校生活は椅子取りゲームだ。いつ自分の席が奪われるか分からない。その不安からか、あいつには余裕が一切ない。だから自分を否定する奴に容赦がない」

 村上は生まれてからずっと頂点に立ったわけじゃない。

 だから、振舞い方が分からない。

 どっしり構えて入ればいいのに、いつ誰かにその地位を脅かされるか分からないから、とにかく周りに牽制を入れる。

 敵じゃない奴を敵視する。

 勝手に仮想敵を作り上げてしまう。

 結局、あいつは昔自分がされたことをそのまま再現しようとしているだけだ。

 自分が虐げられて嫌だったはずのことを、他人にしているだけだ。

 だけど、それはあくまで劣化コピー。

 どこまでいっても振舞い方に違和感しかない。

 俺からすればな。

「最初からスクールカーストの頂点に立っている奴は、寛容な奴が多いんだけどな。あの手のタイプがスクールカーストの頂点に立つと面倒なんだよなあ」

「それで、それで、みんな納得しているんですか?」

「元は部外者のお前からしたら異常だろうけどさ。ここまでくるのに色々とあったわけよ。それで、みんな納得したんだ」

 転校生だからな。

 切り取られた場面だけ見れば、そりゃあ、そういう反応だろうさ。

 だけど、みんな一緒にいる時に命令口調でいて、それで誰も咎めなかったら?

 そしたらそいつは、そのグループで頂点ってことになるんだ。

 どれだけ横暴でも、どれだけ自己中でも。

 自分が傷つきたくない。

 そう思ったら最後、例え教師であっても村上には逆らえない。

「あいつはボス猿なんだよ」

「ボス猿?」

「ああ。他のどこからの集団じゃ全く通じない。だけど、この学校、この学年限定なら、あいつは確かに頂点にいる。だから、あいつはボス猿だよ」

 肉食動物。

 そんなものに例えるほど強大な力は持っていない。

 でも、だからこそ厄介。

 ボス猿の支配されたクラスでどう生き残るか。

 それをしっかり教えてやろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る