魔王様、溺愛しすぎです!

作者 綾 雅(りょうが)

1006. 余波に紛れた母の声」への応援コメント

このエピソードを読む

  • レラジェは直接の手を下さないって言ってたけど
    魔獣を使って色々やってるのかな?

    魔力感知?気配?は幻獣系は不得手なのかな?
    それとも神龍と竜のサラブレッドだから?

    作者からの返信

    (*´꒳`*)ウフフ レラジェはきっかけを作るだけ
    彼自身は戦いません。
    ルキフェルは別の方向で活躍しますよ。
    幻獣は逃げ回るのが得意な気がしますけど
    ……時間稼ぎとか(。・・。)(。. .。)ウン

    2020年11月16日 20:45

  •  竜族も幼体は雛なのね。
     確かに大公同士のじゃれ合いの流れ弾で死んだら浮かばれるものも浮かばれない。
     派手にやり合う二人の影で残りの大公がフォロー。
     ベール達は後で何らかの要求をアスタロト達にするのだろうか。

     レラジェに何が?
     というより、あの子どこにいるのかしら?
     ルキフェルが慌てるということは魔王城の方角にいないのよね。

    作者からの返信

    雛ですの。もう呼び方が多すぎて、統一
    されたようです/(^o^)\書類上大変です
    からね。

    流れ弾に被弾しないため、一斉に退避。
    というか、暴れる前に自分達で手配しよう
    よ……お二人さんw
    絶対にベールが「あなた方はいつも……」
    としかるに1票です!!

    レラジェ、あちこちで何かしてるのかな?

    2020年11月12日 15:09