百合自己生成機関

作者 冬眠

ユリファレンス・エンジン」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 言葉が自我意識を芽生えさせ、書き手=創造主に恋をしてどんどん自我を高めていったと思ったら、読み手である我々を脅して自分と書き手のCP布教を強要というか「実質セックス」させられているというホラーな展開になるのが最高でした!
    そうか...僕は童貞?を奪われていたのか...。

    口調も後半になるにつれて傲岸不遜になっていくのが生きてる感あってなんか可愛いですねー