第77話 由莉愛《ユリア》

 由莉愛ユリアの部屋の前まできた。近くで見ると、かすかにドアが開いていた。

「ン……❓❓」

 何かが挟まっているのだろうか。だが、確かめている暇はない。

 音がしないようドアを開け声をかけた。

由莉愛ユリアさん…… ボクだけど……」しかし何の応答もない。

「ゴックン…😳💦💦💦」

 ゆっくりとボクは部屋の中へ侵入はいった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます