第76話 『厄介な殺人事件』

 まさか、このあと『厄介な殺人事件』に巻き込まれるとは思いもしなかった。


 マンションの駐輪場に自転車を置き、マンション内へ入った。

 憧れの如月 由莉愛ユリアから、お呼びが掛かったのだ。どんな無理をしてでも行かない手はない。


「ゴックン…😳💦💦」

 エレベーターに乗ると異様に胸がドキドキしてきた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます