第26話

「どわあああっ!」


 壁に空いた大穴から飛び出した僕は、思いがけない勢いに、無理やり押し出された。同時に、背中全体に走る灼熱感。一瞬だけ、炎にさらされたようだ。


「無事か、優翔!」


 うつ伏せに倒れ込んだ俺の腕を引いたのは、田宮だった。そばには優海や武人がいて、まさに駆け出そうとしている。


「ま、待ってくれ! まだ麻実さんが!」

「死んだよ」

「え、だって麻実さんは――」

「死んだって言ってんだろうが!!」


 田宮の言葉に、僕はびくり、と肩を震わせた。

 考えれば当然のことだ。あれほどの熱量と爆風を有する手榴弾を、手元で爆破したとすれば、生きてはいられまい。遮蔽物のない場所で、まともにこの熱量を喰らった警官たちもまた、大怪我は免れないだろう。


 しかし、僕がそんなことを考えられたのは、もう少し経ってからのことだ。

 その瞬間、いや、しばしの時間、俺の頭は麻実のことでいっぱいだった。


 早く。早く助けなければ。

 僕は田宮に怒鳴りつけられて、状況の理解はできていたと思う。頭では。しかし、心は別だ。


 僕たち兄妹に構ってくれた麻実。暴力という手段ではあるけれど、僕らを導いてくれた麻実。誰がここに置いていけるものか。だが、全身に力が入らず、その場から動くことはできない。

 その僅かな逡巡のうちに、僕は田宮に手を引かれ、拘置所のフェンスに向かって走っていた。


「全員伏せろ!」


 今度は引っ張り倒された。後頭部に、田宮の広い掌が載せられ、力を込められる。


「ぶっ!」


 僕は無理やり、地面に顔を押しつけられた。口の中に泥が入りこむ、不快な感覚。

 だが、それを打ち消したのは、再び起こった爆音だった。田宮が手榴弾を投げて、フェンスを破ったらしい。外に出るまで、あと百メートルといったところか。


「よし、このまま走り抜けるぞ!」


 再び立ち上がった僕たちは、咄嗟に腕で目を覆った。サーチライトが、僕たちを照らしている。同時に、見張り台から銃弾が降ってきた。


「急げ! あの車だ!」


 眩しさの中で目を凝らす。その先には、一台の大型バンが停車していた。フェンスに横付けされ、しきりにヘッドライトを点滅させている。


「畜生!」


 武人が走りながら、上方へ向けて自動小銃を乱射する。狙いは全く定まらないが、牽制にはなっているようだ。

 先頭を行く田宮が、バンの元へ辿り着いた。横合いのドアがスライドし、彼を迎え入れる。


「皆、急げ! 武人、もういい、撃ち方止め!」


 武人は自動小銃を投げ捨て、猛ダッシュをかけた。目を前方に戻すと、優海が田宮に抱え上げられるところだった。


「兄ちゃん、武人さん、急いで!」


 僕の心臓は、今にも口から飛び出しそうだ。それでも、足を止めるわけにはいかない。止めたら死ぬのだ。ズタズタに全身を撃ち抜かれて。

 僕は、感覚のなくなった両足に力をこめて、思いっきり跳躍した。走り幅跳びの要領で、勢いよく荷台に飛び乗る。


「だはっ!」


 ドタン、と大きな音が響く。と同時に、横合いから突き飛ばされた。


「急げ、武人!」


 僕を突き飛ばした張本人は、やはり田宮。彼は今、両腕をバンから差し出して、武人の腕を掴もうと試みている。しかし、アイドリングしていたバンはゆっくりと前進を開始した。荷台の隅にあるスピーカーから、運転手の声がする。


《田宮さん! 警察車両に包囲されます! 早く脱出を!》

「ど、どうするの!?」


 問うた優海の言葉を無視して、


「構わん! 車を出せ!」


 と一言。しかし、田宮は腕を引っ込めようとはしない。


「急げ、武人!」

「うわっ!?」


 転倒しかけた武人の肘を、田宮はがっしりと掴んだ。そのままぐっと引き上げる。銃弾の飛び交う地獄の底から。


「よし、かっ飛ばせ!」

《了解!》


 こうして、僕たちは拘置所をあとにした。


         ※


『流石に公道で銃撃を加えてはこないだろう。各自、武器の点検をしておけ』。

 そんな言葉が、僕の片耳から入ってもう片方から抜けていく。


「大丈夫か、優翔?」

「あ、田宮さん……」

「に、兄ちゃん大丈夫?」


 奥から声をかけてきた優海を、田宮が片腕を上げて制する。


「優翔、よく聞け。俺たちはこれから海岸線に出て、別動隊と合流する。今すぐに戦力を補充するのは、警察の方でも難しい。包囲を狭められる前に、なんとか突破するんだ」


 ぼんやりしている僕に代わり、武人が問うた。


「で、でも田宮さん、まだ別動隊がいるんですか? 俺たちだけで検問を突破できるとは思えなくて」


 しかし、田宮はそちらに一瞥もくれない。代わりに、すっと懐から何かを取り出した。


「お前の愛銃だ」


 ぼんやりした意識の中で、僕はその把手を握りしめた。何故だろう、今までよりもずっとよく手に馴染む。


「検問が近づいたら、バンは強行突破する。生憎防弾車両じゃないんでな、威嚇でいいから撃ちまくれ。武器弾薬は、取り敢えず運べるだけ運んできたから、遠慮はするな」

「は、はい」

「おい、返事が聞こえねえぞ!」

「えっ、あ、はい!」


 荷台で揺られながらも、僕の肩に手を遣る田宮。それから振り返り、武人に向き直った。


「別動隊は、あと三人ずつ、四班がいる。彼らを回収しながら、アジトから遠ざかるように移動する。そのまま県境を突破して、山道に入るんだ」


 山道に入る? そんなことをしたら、車線が狭くなって挟み撃ちに遭うのではないだろうか。

 そんな僕の危惧を読み取ったのだろう、田宮はその場であぐらをかきながら、僕と目を合わせた。


「非常事態用に、重火器のストックがある。山道に入ってすぐだ。そこで、挟み撃ちに遭う前に敵を叩く。俺たちを追いかけてきている、県警の特殊車両をふっ飛ばすんだ」


 ふっ飛ばす? 地下に戦車でも隠してあるのだろうか。


「敵を殲滅してから引き帰して、次のアジトへ移動する。海岸沿いの、古いコンテナが放置されたあたりだ」


 そんなところに、アジトの候補地があったのか。


「俺たちが重火器をもって戦い、姿をくらませれば、警察も容易に手出しはできなくなる」


 そうなのか、と納得しかけて、僕はある疑問にぶつかった。今までぶつからなかったのが嘘であるかのような、大きな疑問だった。


「僕たち、いつまで戦い続けるんですか」


 ギクリ、と音がするくらいの緊張感が走った。


「正直、追い詰められてますよね、僕たち。どこに行くんでしょうね」


 僕は敢えて、誰かに詰め寄るようなことはしなかった。誰にも分かるまい。暴力に魅せられ、これだけ人を殺傷してきた僕たちに、どんな運命が待ち受けているのか。

 いや、分かっているからこそ、誰も口にしないのだ。


 戦いの中で命を落とすか。

 捕まって極刑に処されるか。

 はたまた上手く抜け出して、この世界のどこかでひっそりと、怯えながら暮らしていくか。


 きっと、これらが暴力に魅入られた人間の末路なのだろう。


 僕の場合はどうだろうか。

 唯一の肉親、優海を助けたかった。きっかけはそれだけだ。それがいつの間にか、人殺しも止む無し、と思うようになってしまったとは。いったい僕は、人間としてどこまで堕落してしまったのだろう。


 耳が痛くなるような沈黙。それを破ったのは、運転手の声だった。


《検問所接近! あと五百メートル!》

「よし、全員得物のセーフティを外せ! 強行突破する!」


 僕は田宮に言われるがままに、カバーをスライドさせて初弾を装填した。同時に、田宮が荷台の側面ドアをスライドさせ、銃撃体勢を取った。


「優翔、お前は反対側だ! 武人を援護しろ! 荷台から落ちるなよ!」


 僕がセーフティを外した時には、武人は銃撃を開始していた。


「焦るな、武人! もう少し接近してからだ! 優翔、聞こえているな?」

「は、はい!」


 軽く身を乗り出すと、パトカーが三台、二手に分かれて停車していた。その間には、踏切にあるようなバーが配置されていて、車道を封鎖している。その両脇で、警察官が十名近く警戒の目を光らせていた。


 異常に気づいたのか、警官隊はホルスターから拳銃を抜き、次々に真上に発砲した。威嚇射撃のようだが、『止まれ!』と注意しなかったところを見るに、彼らも焦っているらしい。


「よし、銃撃開始だ!」


 田宮が叫ぶ。

 スタタタッ、という鋭利な銃声が、冷たい空気を切り裂く。それに合わせて、警官隊がフォーメーションを崩し、倒れ込む。被弾したのか回避したのか、そこまでは分からない。


「おい、邪魔だ!」

「うわっ!」


 僕は襟首を武人に掴まれ、突き飛ばされた。


「何するんだよ! 僕だって戦える!」

「拳銃じゃ防弾ベストを貫通できないだろうが! 引っ込んでろ!」


 返す言葉もなかった。確かに、今は僕は引っ込んでいた方がいい。

 しかし、待てよ。

 今僕は何と言った? 『僕だって戦える!』だと? これは、積極的に暴力の渦に飛び込もうとしている証ではないのか。


 田宮の『撃ち方止め!』という言葉が響き、検問の突破を確認した時、僕は自分の身体が、真っ黒な泥の塊になっていくような感覚に囚われた。いつか夢で見た、麻実のように。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます