第10話

「お、兄ちゃんおかえり」

「ああ」


 アパートの玄関ドアは開錠されており、リビングには優海がいた。彼女もちょうど帰宅したところらしく、ジャンパーをハンガーにかけている。


「麻実姉ちゃんに送ってもらったの?」

「ああ」

「夕飯は食べたんだっけ?」

「ああ」

「どうしたのさ、心ここにあらず、って感じだけど?」

「ああ」


 ん? あ、そうか。つい返答が適当になってしまった。

 考え込んでいたのだ。優海がどのくらい、『暴力』というものに魅せられてしまっているのか。どうすれば優海を『暴力』という沼から引き上げてやることができるのか。


「……」

「なあ、兄ちゃんってば!」


 その呼びかけに応答する前に、僕の頬に痛みが走った。優海につねられたのだ。


「いててて! 何するんだよ?」

「兄ちゃんがちゃんと話を聞いてくれないからだろ? 何があったんだよ?」


 こうなったら、また斬り込むしかあるまい。僕は腹を括って、優海に尋ね返した。


「優海、お前、僕が『暴力行為は止めろ』と言い出したらどうする?」

「は?」

「暴力反対だよ。あんな酷い戦場みたいな光景を見せられたら、誰だって怖いと思うだろう?」


 そう言うと、まったく意外なことに、優海は沈黙してしまった。俯いて口を閉ざす。

 僕は優海を焦らせないよう、注意しながら『お前の考えを聞かせてくれ』と、一言付け足した。


 しかし、少しばかり間を置いた後、優海が発したのは、思いがけない言葉だった。


「暴力って言われても、止められないよ。なんだか、止めるのは不自然だ」

「え?」


 今度は僕が沈黙する番だった。暴力に反することが『不自然』だと?

 それに構わず、優海は一言一言、自分の考えをまとめながら語りだした。それこそ、淡々と。


「あたしが麻実姉ちゃんに会ったのは、半年くらい前なんだ。そりゃあ、あたしだって驚いたよ。あの麻実姉ちゃんが、強盗やら何やらやってる、って言うんだから」

「お、お前、それを承知で組織に加わったのか?」


 しっかりと頷く優海。


「暴力なんて、親父とお袋の喧嘩で散々見てきたし、拳銃を見た時だって、始めはビビったけど、田宮さんが丁寧に使い方を教えてくれたから、すぐに怖くなくなったし」


『気をつけるとしたら暴発くらいだね』と言いながら、優海は肩を竦めた。


 僕は思った。田宮同様、優海もまた、暴力行為に耐性ができ始めている。このままでは、優海はまだまだ人を傷つけ、恐怖させ、挙句殺すだろう。いや、もう既に命を奪っている。今、ここで止めなければ。


 僕は優海の両肩を掴み、揺さぶった。


「しっかりするんだ、優海! お前だって、家族の暴力を見てきたんだから、その怖さは分かるだろう? それを他の人に押しつけてはいけない!」

「それは見方が違うよ、兄ちゃん。他の人? 知らないよ。要はあたしが満足に稼げるか、って話。あたしはね、麻実姉ちゃんに感謝してる。逆に、間違ってるとは思えないし、思わない」

「じゃあお前は、麻実たちがやっていることは正義だ、とでも考えているのか?」


 僕の声は、極端に情けないものになった。それに対して優海は、『あながち不正義、ってわけでもないだろうね』と答えた。


「兄ちゃんは聞いた? 田宮さんの話」

「聞いたよ。それがどうしたんだ?」


 つい棘のある口調になってしまったが、誰にも咎められる筋合いはあるまい。


「皆、辛い思いを抱えて生きてるんだよ。その辛さは、自分一人では耐えられない。誰かの助けが必要なんだ」

「だったらどうして、僕に相談してくれなかったんだ?」

「兄ちゃんも兄ちゃんで、大変だったでしょう? おいそれと縋っていられるもんか。だったら、赤の他人に当たり散らした方が、心の平穏を保つにはちょうどいい」


 何だって? 優海の言葉は、解釈のしようによっては『暴力行為は過去の心の傷を癒す』とも捉えられてしまう。


「そ、それは許されるはずのない悪行だ!」

「だから相談しなかったんだよ、兄ちゃんには。兄ちゃんは一般道徳的な正義を盾にして、あたしの考えなんて聞いちゃくれなかっただろうからね」


 優海は腰に手を当てた。『何か異論は?』とでも言いたげな目つきをしている。しかしこのままでは、優海の暴力を止めさせることはできない。

 結局、僕は唯一の肉親だった優海にすら見放され、一人寂しく死んでいくのか。


 そう思った瞬間、僕の足は優海に向かって一歩、大きく踏み込んでいた。

 くぐもった音がして、優海は二、三歩後ずさる。目を合わせると、優海の瞳には『信じられない』とでも文字で書いてあるかのような、驚愕の念が映っていた。


 優海はそっと、自分の左手を上げ、頬を押さえた。


 僕が、優海を殴った。それを理解するために、僕には丸々一分間ほどの時間が必要だった。いや、生理的に『理解したくない』という思いが強かったのかもしれない。


「ゆ、優海、僕は、一体……?」

「それが暴力、ってやつだよ、兄ちゃん」


 優海は自分の左頬を擦りながら、


「あんまり突然だから、びっくりしちゃった」


 と言って、ふっと笑顔をみせた。


「優海、お前……!」


 何故優海は笑っているんだ? 自分が暴力に晒されたというのに?

 そしてようやく、僕は自分の失態に気づいた。

 繰り返すが、優海は暴力に晒された。誰によってか、といえば、間違いなく『僕によって』だ。

 つまり僕、塚島優翔は、あれだけ忌避していた暴力に頼って、自分の心の平静を求めたのだ。


 背筋に冷えた氷柱を差し込まれたような感覚と共に、僕の全身に震えが起こった。

 そして、自分の言動を振り返っていると、足がもつれた。無意識のうちに、後ずさりしていたらしい。


「ち、違う! 違うんだ、優海、こ、これは……。僕がお前を叩いたのは……!」


『暴力衝動に駆られたわけじゃない』と言おうと思った。しかし、そうでなければ一体どうしたというのだろう。明らかに僕は、暴力に憑りつかれた。暴力の沼から伸びてきた腕に、足を取られてしまったのだ。


 さらに恐ろしいことに、僕は『無意識に』暴力行為に走ってしまった。もし僕が、今この瞬間に拳銃を握っていたら、一体何をしでかしたか分かったものではない。


「大丈夫だよ、兄ちゃん。兄ちゃんはずっと、優しかった。優しすぎたんだ。だから、もう我慢しなくていいんだよ。他人に迷惑をかけても。他人を傷つけても」


 優海は体勢を立て直して、そっと足を進めてきた。左手で僕の右手を握り、右手で僕の左頬を撫でる。

 僕は、まるで催眠術をかけられたかのように、優海の瞳に見入った。


 どちらがどちらを諭そうとしているのか、僕には全く分からなくなってしまった。


「あたしたちは、両親からずっと酷い暴力を受けてきたんだ。だから、そんな事件を許容した社会に対して、復讐する権利はあると思う。それに今は、武器もあることだしね」


 僕は今まで、犯罪的な中毒というのは、酒類や薬物によるものばかりだと思っていた。しかし、現実は違った。暴力にも、立派な中毒性があるのだ。それも、直接的に他者を傷つけるのだから、さらに性質が悪い。


 だが、それに対して異論を唱えることは、僕にはとてもできなかった。

 今この会話を打ち切って、部屋を飛び出し、犯罪組織に誘拐されたことを警察に報告するべきだろうか?

 僕はぎゅっと、両手を握りしめた。


 優海の腕を振り払い、玄関ドアに突進し、この部屋から逃げ出す。それから最寄の交番までは、ダッシュで五分もあれば着く。スマホを壊されてしまった以上、そうやって助けを求める外あるまい。


 しかし。

 逃げ出す前に、優海に撃たれやしないだろうか。ドアを開錠する間に、射殺されてしまうかもしれない。今の優海なら、僕を殺さない程度に負傷させるくらいのことならしかねない。

 願わずして、僕の命を奪ってしまうことも。


「兄ちゃん、あたしが怖い?」


 僕の無言を、優海は肯定の意志表示と解釈したらしい。


「だよね。こんなもの持ってるんだもんね」


 優海は自分のホルスターに目を落とした。


「でも、兄ちゃんも来てくれれば分かるよ。そうだ! 兄ちゃんも武器をもらったらいいよ! あたしのお勧めは、こいつ」

「うわっ!」


 ホルスターから抜いた拳銃を、優海は差し出してきた。


「あっ、ごめん」


 銃口を自分の方に逸らし、そっと持ち上げる優海。

 その時彼女が教えてくたのが、ベレッタ92の特徴だった。初心者でも扱うことができ、汎用性も高いとのこと。だが、僕は声を荒げて、説明を打ち切らせた。


「そんなもの、僕は持たない」

「え? やっぱりまだ怖いの?」

「当たり前だ!」


 僕は顔を上げ、優海を睨みつけた。


「指先だけで人を殺せるんだぞ! 怖いに決まっているだろう!」

「あ、そう」

 

 優海はすっとベレッタをホルスターに戻し、『じゃあ、仕方ないな』と言ってため息を一つ。それからシャワーを浴びる旨を僕に告げた。

 しかし、今の僕には、もう現実から目を逸らすだけの余力はなかった。


 もう、優海は帰ってこない。目の前にいるのは、優海の皮を被った嗜虐的な殺人鬼だ。たとえ裁かれたとしても、元には戻らないだろう。


 あの優海には、もう会えない。僕にはもう、守るべきものはないのだ。

 僕は通報する気も、逃げ出す気も失せて、シャワー音を聞きながら立ち尽くした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます