理想にすら抱かなかったこと。

作者 アイオイ アクト