第22話 呼吸と涙

 気を失った男の前に立ち、僕はぼろぼろと泣いていた。……ほんと、マジでみっともないなぁ。この歳になって、こんなに泣いて。

 殴った手がジンジンと痛む。胸糞の悪い痛みだ。金輪際、味わいたくない。

 汚いものを擦り付けるように、ジーンズで手を拭いた。


「景清君」


 曽根崎さんが、片手を上げながら近づいてきた。そして、涙でひどい顔になっている僕に向かって、何の脈絡も無く言う。


「私をパパと呼ぶか?」

「誰が……呼ぶかよ……」

「だよな。じゃ、これをやろう」


 差し出されたのは、一枚の紙切れ。そこに書かれてあったのは――。


「……借用書?」

「そう、借用書。三千万円の」

「……なんで、こんなものを」

「君なら欲しがるかと思ってな。私は別に一切を肩代わりしてもいいんだが、そういうの君は嫌うだろ」

「……」


 ――そうやって、なんでも分かっているような顔をして。

 いつも、僕が一番欲しい言葉を用意しやがって。


 これじゃ、返そうったって、永遠に追いつきゃしないじゃないか。


 僕はまた湧き出してきた涙を袖で拭い、その紙を両手で受け取った。それはまるで、僕の自由そのもののようだった。


「……利子は?」

「なんと無利子だ。良心的だな」

「……何十年かかっても、返します。これは、今まで僕が生きてきた時間です」

「うん、いくらでも待つよ」

「……僕の人生を取り戻してくれて、ありがとうございました」

「うん」

「これでやっと、弱い自分から抜け出せそうです」


 借用書を握りしめて言った僕のその一言に、曽根崎さんはきょとんとした。


「何をおかしなことを言ってるんだ。君が弱い時なんて、今まで無かっただろ」

「……え?」

「少なくとも私は、君が弱いと思ったことはないよ」


 僕を慈しむように、彼は目を細めた。


「あんな地獄に身を置いて、よく生き延びてきたな。普通ならとっくに死を選んでいてもおかしくはないというのに、君は生きていてくれた。……そんな人間が弱いわけあるか。君は強い。私はちゃんと知っているさ」


 息が止まる。――その瞬間、感情が、怒涛のように溢れ出した。

 目の前にいるはずの曽根崎さんが、一気にぼやけて見えなくなる。


 ――必死で、生きてきたのだ。いつか出会えるかもしれない、自分の居場所を探して。ただそれだけが、喉から手が出るほどに欲しくて。

 探して、探して、ただ生きていたら、いつの間にか隣に、もじゃもじゃ頭の胡散臭い三十路が立っていた。

 彼との時間は奇妙で、不気味で、そのくせやたらと笑っていた気がする。僕は、あんなに怒鳴ったり、笑ったり、呆れたりできるのだと、自分でも驚いたのだ。


 ただ生きてきたそれだけを、あなたは強さだと言ってくれた。


 ――あなたといると、とても楽に呼吸ができるんだ。


 涙を抑えることができず、僕は両手で顔を覆って上を向いた。


「……クソ曽根崎……!!」

「なぜここで罵倒が出てきた」

「一生覚えてろよ……!!」

「心配するな。君のような稀有な人間を、私が忘れるわけないだろ」

「ぐううう……!!」


 泣き止みたいのに、涙が止まらない。最後に泣いたのは、一体いつだっただろうか。


「ぼみゃぁぁぁ……ぶええびぃ」

「……」

「のぎゅうばみょおおお」

「……君、泣き方ヘッタクソだな」

「うるせぇぇ……」


 曽根崎さんは、僕の背中に冷たい手を当ててくれていた。それで多少は落ち着きつつあるのが自分でもどうにも解せないが、今は泣き止むことを優先しようと思った。


 しかし、ここは敵地のど真ん中だ。曽根崎さんは待ってくれても、他はそうはいかない。近づいてきた足音を敏感に感じ取った曽根崎さんは、ピリッとした空気をまとい僕を庇うように前に出た。


「……やはり、こいつは使えなかったか……」


 その声を、僕は知っていた。何度となく聞いた、僕の深層にこびりついた、声。

 そうだ、泣いてる場合じゃないな。まだやることは山ほど残っている。僕は腕で顔を擦り、闇の中から現れた老人の名を呼んだ。


「――龍三郎様」

「久しいな、景清。己が役目の為、自ずと戻ったか」

「……」


 杖をついた老人に、僕は返事をすることができなかった。なぜなら、僕はこの召喚の生贄になる気など毛頭無かったからだ。

 しかし、真っ向から否定するには、まだ勇気が足りない。……怖いのだ。僕は、この藤田龍三郎という老人が。


「……彼を渡すわけにはいきません。それに、今模様を描かれている二人の精神は、どちらも壊れてなどいない。一方は金で満たされ、一方も見ての通り元気いっぱいです。これでは、儀式などやりようがないのでは?」


 僕の代わりに、曽根崎さんが応答する。対する龍三郎様は、にんまりと恐ろしい笑みを浮かべた。


「お前が、噂に聞く怪異の掃除人か」

「ええ。曽根崎慎司と申します」

「景清が世話になっているそうだな」

「彼は勤勉なので、こちらが助かっているぐらいですよ」

「なるほど、礼を言わねばならないな。……もう少し顔をよく見せてくれ」


 龍三郎様は、僕らに向かって手招きをする。――誰が行くものか。僕が曽根崎さんを留めようと、腕を引こうとした時だった。


 いきなり、体が後ろに引き倒される。振り返ると、白装束が僕を羽交い締めにし動きを封じていた。


「曽根崎さん!」


 僕の声に反応した曽根崎さんの姿が、あの時の阿蘇さんと重なる。彼の背後にも、教団員が迫っていた。


「逃げてください!」


 刃物を持った教団員が曽根崎さんに襲いかかる。それを持ち前の反射神経でかわし、少し離れた場所で素早く体勢を立て直した曽根崎さんだったが、その場所でも別の教団員が彼にハンマーを振り下ろそうと待ち構えていた。

 それをギリギリで避けるも、次から次へと闇からその身を現す教団員達に、次第に曽根崎さんは埋もれていく。


「……出来るだけ惨く殺してやるといい。皮は全て剥げ。目玉は片方だけ抉り出せ。指は落としてもいいが、命乞いができるよう舌は残しておくのだ。ああ、ちゃんと神の器が彼奴の姿を見られるように執り行うのだぞ。それが最も、神の器の精神を殺す薬となるだろう」


 龍三郎様は、楽しそうに曽根崎さんの未来を命令する。


 ……そんなもん、訪れてたまるものか!


 僕は、力の限り抗った。曽根崎さんも、器用に集団の中から抜け出し走って逃げる。しかしここで、一人の教団員の手から、一本のナイフが放たれた。


 その光景は、スローモーションのようだった。

 曽根崎さんの背に、ナイフが刺さる。彼は静かな衝撃に足を止めると、そのまま膝をついて地に伏した。


「……曽根崎さん?」


 嫌だ。怖い。認めたくない。


 教団員は、曽根崎さんに群がろうと走り寄っていく。まずは何から始める気だろうか。そのペンチを、何に使うのだろう。ハンマーで、何を叩き壊すのだろう。


「やめろ!その人に触ってみろ、全員ぶっ殺してやるぞ!」


 僕の叫び声に、男の悲鳴が被さった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます