第19話 行こう

「……バールで後頭部はヤベェだろ……」


 火薬の匂いをまとった阿蘇は、気絶した愛璃の息を確認した後、苦い顔で柊をたしなめた。対する柊は、可愛らしく小首を傾げている。


 いやいや、誤魔化せねぇから。


「生きてたからいいものの、死んだらどうすんだよ」

「それアンタが言えた義理?銃ぶっ放しといて」

「俺はいいんだよ。治すから」


 取り急ぎ愛璃の右足を白装束の切れ端で止血し、余り布で適当に縛り上げる。これで、目が覚めても彼女が暴れ出すことはないだろう。


「……ほんと、因果な兄弟だこと」

「同情どうも。ほら、鍵。藤田下ろしてやってくれ」

「仕方ないわね」


 阿蘇が投げてよこした鍵を受け取った柊は、磔にされた藤田の前までやってくると、その戒めを解く。ようやく解放された藤田は、力無く柊の腕の中に倒れた。

 柊はそんな彼をしっかりと抱きとめ、優しく囁く。


「もう大丈夫よ。こんなに小汚くなるまで、よく頑張ったわね。……タダスケ、この子相当マズイわよ」

「知ってる。そこ寝かせろ。今から傷の様子を見る」


 寝かされた藤田の服を愛璃の持っていたナイフで裂き、状態を確認する。


「……外から見て分かるぐらいに腕の骨が折れてる。酷い痛みだろうな。内臓位置で内出血もある。……もう全部治すか」

「できるの?できたとしても、アンタへの負担が尋常じゃないわ。既に一回、瀕死レベルの怪我を治してるってのに」

「こいつが死ぬよりいい。それに、全部治すったって明らかに問題ない箇所は飛ばす。……まあ、それでも」


 阿蘇は、柊に向かってナイフを渡した。そして、冗談めかしたように笑ってみせる。


「あんまりヤバそうだったら、俺を殺してくれ」

「……バカね」

「バカばっかりなのは今更だ。俺もこいつも、お前もな」


 藤田に向き直り、阿蘇は深呼吸をした。それから藤田の腹部に手をかざし、小声で何かを呟き始める。間も無く、肉が酸で溶けるような異臭と共に、内出血の影が薄れ出した。

 藤田の頭付近でしゃがみこんだ柊は、首元のネックレスごと、ナイフを握りしめていた。


「……あ、そ……?」


 意識を取り戻した藤田が、阿蘇のいる方向をぼんやりと見る。しかし、藤田の折れた腕を治す作業に取り掛かった阿蘇は、彼を見向きもしない。胃が握り潰されるような吐き気に耐えながら、凄まじい理性で狂気を抑え込み、呪文を唱え続ける。

 腕は、柊の見守る中でみるみる内に修復されていく。それは、紛れもなく人の領域を超えた治療だった。


 突如、阿蘇は磔台を拳で殴りつけた。何か異様な力が宿っているのか、それは枯れ木のように容易くへし折れてしまう。


 それでもなお、阿蘇は呪文を唱えることをやめない。彼は、藤田の顔に手をかざした。


 そこで、初めて動きが止まった。


「……ナイフ」

「え?」

「ナイフ」


 阿蘇は、唸るように言った。意味が分からず戸惑う柊に、藤田が弱々しく声をかける。


「……ナイフで、阿蘇を刺せってさ」

「は?なんでそんなこと……」

「貸して」


 藤田は、治りたての腕で柊からナイフを奪い取る。そして一瞬間を置いた後、阿蘇の腕に突き立てた。


「がっ……!!」

「すまん、阿蘇。オレで良けりゃ、後でいくらでも抱かせてやるから」


 ふざけた藤田の発言に、阿蘇は正気の芯が戻った目をギロリと向ける。


「いつも……抱いてるかのような……発言やめろ……!」

「オレ、外堀から埋めるタイプなんだ」

「治すのやめるぞクソが……」


 いつものやり取りの後、阿蘇は、再び藤田の顔に手をかざす。彼の腕から垂れた血が、藤田の顔を濡らしていく。数分後には、すっかり元通りの端正な顔に戻っていた。

 阿蘇は、藤田の体から離れ、大きく息をつく。


「……一応……全身、軽く治してる。重傷っぽい所は、特にやった、けど……どうだ?」

「ん、動ける。ありがとう、阿蘇」

「そうか……」


 よかった、と、阿蘇は口の動きだけで言った。藤田は起き上がり、肩で息をする阿蘇の体を支える。


「腕、どうする?」

「無理。余裕ない」

「じゃあ血だけでも止めよう。姉さん、借りるね」


 藤田は姉を縛る白装束を裂き、阿蘇の腕に強く巻いた。じんわりと滲む血を見ながら、藤田は頭を下げる。


「……阿蘇、柊ちゃん、本当にごめん。オレを助けに来てくれたばっかりに、こんな事に……」

「……お前はついでだ、バーカ。メインは、景清君だよ」

「ボクなんて、男の真似したのと、録音してた集団の足音を流しただけよ」

「いや、この女バールで殴ってるだろ。サラッと無かったことにすんな」

「不思議よね、体が勝手に動いたの。怪異だわ」

「なんでも怪異のせいにするんじゃない」


 目の前で二人の友人が繰り広げる会話を、藤田はじっと聞いていた。


 ――愛しい光景だ。


 動いている。紛れもなく、自分も、彼らも。

 オレや景清を助ける為に、危険を顧みず助けに来てくれた優しい人たちが、ちゃんと息をしている。

 その事実が、どうしようもなく愛しかった。


 ふと、過去の記憶が蘇る。


「……お前に価値が無いなんて、絶対に無い。現にオレは、お前が傷ついていることが辛いよ」


 あの日、幼かった甥を抱きしめて伝えた言葉だ。甥の体には所々痣があり、誰にも好かれるようにと貼り付けた笑顔が痛々しかった。


「世界は広いんだ。血の繋がりが無くったって、景清を受け入れてくれる人がいるかもしれない。景清が生きているだけで、勝手に元気になる人がいるかもしれない。今は死ぬほど辛いけど、生きていれば大人になれる。生きていれば逃げられる。だから、景清」


 オレは、この世界で救いようがないほどにひとりぼっちだった甥に、泣きながら言った。


「……頼むよ。死にたいなんて、言わないでくれ」


 景清は、ただ抱きしめられているだけで、否定も肯定もしなかった。


 ――思えば、よく笑うようになったものだ。

 きっと、ようやく自分の居場所と思える場所を得たのだろう。


「……景清を、事務所に帰してやらないとな」


 藤田は、ぽつりと呟いた。それに、阿蘇と柊は強く頷く。


「そういやポーカーの途中だったんだよな。次の罰ゲームも考えとかないと」

「何それ、ボクも混ぜなさいよ。最高のひと時にしてあげるわ」

「やだよ、お前顔に出るじゃん」

「じゃあ神経衰弱は?柊ちゃん、いいだろ」

「ダメよ、シンジが圧勝して終わる」

「ああー……あの人そういうとこあったね。それじゃ、帰るまでに別のゲーム考えとこうか」


 三人は、立ち上がった。そしてお互いに視線を交わし、壊れた扉に目を向ける。


「行こう」


 誰ともなく、そう言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます