第12話 優しい手に

 部屋の中に入った僕は、息を切らせながら曽根崎さんごと倒れ込んだ。藤田さんは僕を見て一瞬驚いたような顔をしたが、すぐに曽根崎さんをかついで、壁にもたれかけさせる。


「よくやった、景清。正直、曽根崎さんはダメかと思ってたよ」

「いや、ダメですよ。正気を失ってます」

「でも生きてる。景清が連れて来てくれたんだろ?」


 顔を上げると、微笑んだ藤田さんと目が合った。僕は、唐突に阿蘇さんのことを思い出した。


「ふ、藤田さん、僕、阿蘇さんを……!」

「知ってる。気絶して病院に運ばれたんだろ?今はそれより、この状況をどう切り抜けるか考えるぞ」


 ――気絶?あの大怪我が、藤田さんにはそう伝わっているのか?

 もしかすると、曽根崎さんが彼の心情を慮って、あえてそう伝えたのかもしれない。ならば、余計なことは言わない方がいい。

 僕は、藤田さんに提案する。


「……まっすぐ出口に向かうんじゃいけませんか」

「ちょっと偵察してきたけど、出口に向かう戸には鍵がかかっていた。だから、その鍵を壊すものを持ってないと」

「なら、さっきの拷問部屋に行かなきゃ」

「どっこい、金槌はこちらにあります」


 藤田さんは、白装束の中から金槌を取り出してみせた。


「どこにあったんですか、そんなん」

「この部屋はほら、倉庫みたいだから。ちょっと頑張って探したら見つけた」


 ここで、彼はじっと僕を見つめた。そして首を傾げ、尋ねる。


「景清、この建物に来るのは初めてか?」

「え?あ、はい」

「そっか。まあ、限られた人しかここに来ることはできないシステムだったからね。それじゃあ出口の場所も……」


 その時、ドアの外で怒鳴り声の混ざった足音が何人分も駆けていった。どうやら、僕らを探しているようだ。


「……景清。確実に君だけが助かる方法と、リスクは高いけど全員助かるかもしれない方法、どちらを取る?」


 思わず息を止めてやり過ごした僕に優しい眼差しを向け、藤田さんは問いかけた。


 そんなの、考えるまでもない。


「後者です」

「だよね。景清ならそう言うと思った」


 藤田さんは立ち上がる。それからおもむろに白装束を脱ぎながら、僕を見下ろして言った。


「じゃ、服脱いで」

「なんで?」


 この部屋には、僕以外狂人しかいねぇのか。


「断るに決まってんでしょ」

「断るなら、オレは君に一人分しか無い白装束と仮面をつけて、逃がさなきゃならない」

「……どういうことですか」


 藤田さんは、倉庫の中にあった鏡の前に歩いていく。その右手には、ナイフが光っていた。


「何を……」


 僕が止める前に、彼は自分の髪の毛を束で掴むと、ナイフで切り落とした。


「……藤田さん?」

「いいから脱げよ。時間が無い」


 藤田さんの圧に、慌てて服を脱ぐ。藤田さんは僕の着ていたシャツを掴み取ると、ばさりと羽織った。


 ナイフで整えられた髪とその姿は、僕そっくりだった。


「オレが囮になる」


 驚きで息を飲んだ僕をまっすぐに見て、彼は言う。


「オレは、元後継者だ。だから、この三人の中では捕まったとしても生き残れる可能性が一番高い」

「……それって」

「あいつらも、ちょっとは動揺するだろ。君らが逃げる時間稼ぎぐらいにはなる」

「でも、相手はあの教団ですよ。何もされないわけが無い」

「だとしてもだ。この三人が生き残るには、まず曽根崎さんが回復しないといけない。このままだと、彼はただの足手まといだ」

「……」


 曽根崎さんは、相変わらず小声で意味不明なことを呟いている。その体は壁にだらりともたれかかり、いつもの背筋が伸びた彼とはまるで違っていた。


「だから景清。お前が、曽根崎さんを正気に戻せ」

「……僕が?」

「そうだよ。オレは、景清にならできると思う」


 藤田さんは、どこまでも真摯に僕に言う。だというのに、僕はすぐに頷くことができないでいた。


 ――できるのか?狂気にいる曽根崎さんを、こちら側に戻すことなんて。

 ――この、僕が?


 戸惑う僕を置いて、藤田さんはドアに向かう。


「オレが時間を稼いでいる間に曽根崎さんが正気に戻ったら、二人で白装束を羽織って、出口に行くんだ。その際に、金槌を忘れるなよ」

「……藤田さん」

「何?」


 彼は振り返った。――遠い。聞かなければならないことも、言わなければならないこともたくさんある。なのに、どうしてこんなに距離を感じるんだ。

 これしか方法は無い。わかっているにも関わらず、どうしても最後に見た阿蘇さんの姿がチラついて、藤田さんを引き止めようとしてしまう僕がいた。


 そうしてやっと選んだ言葉は、情けないほどに日常を望むものだった。


「……今週末、何か予定ありますか?」

「予定?」


 案の定、藤田さんは拍子抜けしたような顔をした。だけど、すぐに考えて返事をしてくれる。


「今週末は無かったかな……。なんで?」

「どこか二人で食べに行きませんか。おススメがあるなら、合わせます」

「何それめっちゃ行く。え、どこでもいいの?」

「構いませんよ」

「辛いの大丈夫?」

「平気です」

「なら、いいとこがある。ラーメン屋なんだけどさ、彼氏や彼女と行けなくて困ってたんだよ。これがまたいい激辛出すんだ」

「じゃあそこで。ああ、財布は持ってこないでくださいね」

「どうして?」

「どうしてって……僕が奢るからですよ。今日のお礼には足りないと思いますが」

「景清が!?奢り!?」


 驚きすぎだろ。失礼だな。


 藤田さんは両手で口を覆い、なんならちょっと涙ぐんでいた。


「あの守銭奴の景清が、オレの為に……!ちょっと聞きました?曽根崎さん。あの子オレの甥っ子なんですよ」

「今その人に話しかけてもダメですよ。おかしくなってますから」

「あーもう、俄然やる気出てきた。早く終わらせて早く週末にしよう」


 時を操る神のようなことを言い出した藤田さんは、そこで思い出したように手を打った。


「そうそう、曽根崎さんを正気に戻すヒントがあるかもしれない」

「何ですか?」

「この人、普段から色々鈍いだろ。実際、痛覚や味覚、触覚あたりちょっとやられてるんだ」

「へぇ」


 それは初耳だ。確かに、焦げてようが熱かろうが平気で食べるもんな。ただそういう人なのかと思っていた。


「だから、例えばショック療法をするなら、身体の中でも特に敏感な部位を狙えばいい」

「はあ」

「そんなわけで、ディープキスが有効だと思います」

「なわけねぇだろ」

「曽根崎さんもびっくりするだろ」

「するだろうけどやらねぇよ」


 むしろあの鈍さならディープキスも効くかどうか疑問だ。っていうか、言いたいだけだろ、この人。


 しょうがない叔父だな。


「……無事に帰ってきてくださいね」

「景清もね。曽根崎さんのことは頼んだよ」

「ええ、任せてください」


 さっきとは違って、やけにあっさりと言葉が出るもんだ。あんな会話のどこに勇気づけられたのやら。


 藤田さんは、小さい子の頭を撫でるように僕の頭に手を置くと、最後にもう一度微笑んだ。その笑顔に、僕の脳裏に幼少期の思い出が蘇る。


 親に冷たく当たられ、泣いている僕に、この人は何度こうやって慰めてくれたのだろうか。

 そのたびに、僕は何度勇気づけられてきたのだろうか。


 僕の頭から彼の手が離れる。思わず掴もうとしたが、すんでのところで思いとどまった。


「それじゃ、またな」


 僕と良く似た背格好の藤田さんは、片手を上げてドアの向こうへ消えていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます