第8話 選ぶのならば

 曽根崎は、事務所にいた。パソコンのキーボードをカタカタと打ち鳴らし、時折手を止めては画面を凝視する。

 そして、温かいお茶を淹れてきた男に頭を叩かれ机に昏倒した。


「何するんだ、忠助」

「さっきから呼んでるだろ。飯だ」

「後でもいいか?」

「三十分前にも聞いたぞ、それ」

「……そうか?」

「いい加減食え。昨日から何も食べてないだろ」


 阿蘇は憂いに眉を曇らせながら、お粥を差し出す。しかし、曽根崎はそれには目もくれず、腕を組んでまた何やら考え込んでいた。


 ――俺だと、こうなるんだよなぁ。


 うんざりするが、食べさせないわけにもいかない。阿蘇は曽根崎の頭を後ろから掴むと、口を上に向けお粥を流し込んだ。俺は親鳥か。いや親鳥のがまだ楽だわ。雛鳥はちゃんと口開けるから。


「もごふっ!」

「はい飲んで飲んでよいしょー」

「まはっふ!」

「クソ兄の、ちょっといいとこ見てみたい、ハイよいしょ」

「ふびぃ!」


 なんとかある程度胃に収めることに成功し、一息つく。曽根崎は、お茶を一気飲みしてまたパソコンにかじりついていた。

 元々生活能力が無い人間ではあったが、ここ数年でそれはどんどん悪化していた。しかし、それでも景清君がアルバイトに来てから、多少はマシになっていたと思ったのだが――。


 阿蘇は、曽根崎が景清を近くに置く理由を思い返す。あくまで自分の考えだが、多分当たっているのだろう。何故なら追及した時に、何も言わない曽根崎の顔から色が消えたからである。


 まあ、こんなことを思っていても仕方ないな。

 阿蘇は、食器を流しに運ぼうと腰を浮かせた。すると突然、曽根崎が歓声を上げてパソコンにしがみつく。


「よし!あった!見つけたぞ!」


 なんだなんだ。

 喜ぶ曽根崎の後ろからパソコンの画面を覗く。そこには、SNSのアカウントが一つ表示されていた。


「何してんだよ」

「やっと朱美さんのアカウントを特定したんだよ!あー、疲れた。時間がかかった」

「朱美さんって、あの殺された女性か」

「そうだ。彼女、本名で登録してなくてな。よし、これでまた一歩前進だ」


 そう言って、またパソコンの画面を穴が空くほど見つめ出した。しかし、その嬉々とした様子は、すぐに消え去ることとなる。


「――バカな」


 一言呟き、曽根崎はマウスを動かす。何度も何度も同じ箇所を見ては、口の中でブツブツ呟いている。そのただならぬ姿に、阿蘇は何か嫌な予感がした。


「兄さん」


 思わず彼を呼ぶ。今ここで声をかけないと、二度と彼に言葉が届かない気がしたのだ。

 曽根崎は阿蘇の呼びかけにハッと正気に戻ると、スマホを取り出し電話をかけ始めた。


「兄さん、どうしたんだ。何があった」


 曽根崎の顔は笑っている。つまり、何か悪いことが起こっているのだろう。

 曽根崎は鳴り止まないコール音に舌打ちをすると、取るものもとりあえずドアに向かって早足で歩いていった。


「――またあの男が関わっている」


 慌てて追いかけてきた阿蘇に、曽根崎は漆黒の瞳を鋭く細めながら言う。それに答える阿蘇の声も、鋭く尖っていた。


「……あいつが?」

「朱美さんは、生前その男から黒い封筒を受け取っていた。彼女はそれを使って、母親に復讐しようと企てていたんだ」

「待てよ兄さん、ちゃんと順序立てて話してくれ。――いや、いい。それどころじゃないんだな?どこへ行けばいい」

「忠助は本当に察しがいいな。私が案内する場所に車を走らせてくれ」


 曽根崎は震えていた。しかしそれは、恐れではなく怒りからだと阿蘇にはわかった。


「――景清君に、連絡が繋がらない」


 一言、曽根崎は阿蘇に伝える。だが彼にはそれで十分で、二人は何も言わずに車に乗り込んだ。

 法定速度をしっかりと守った一台の車は、夕焼けに染まる街に飲まれていった。











 僕は、何を選んでもいい。

 柊ちゃんの言葉は優しく、強いものだった。きっと、彼女が生きてきた中で、紛れもなく心の支えになってきた言葉なのだろう。


 そんな大切なものを、僕はどう受け取ればいいのか。


 考えても正解がわからずに、とぼとぼと歩いていた。


「尾行……向いてなかったな」


 いや、尾行してる所を尾行されただけでは、向き不向きはわからないか。所詮お手伝いさんである。僕は探偵ではない。

 なんだか僕は、曽根崎さんの事務所でアルバイトを始めてから、えらく自信をつけてたんだな。以前の自分であれば、尾行しようなどと考えもしなかっただろう。


 僕はやはり、曽根崎さんに言われた通り大人しくしておくべきだ。彼が危ないと言うのなら、素直に従い学業にでも専念しよう。

 そんで後で嫌味の一つでも言ってやるんだ。多分、あの人は気づかず流すんだろうけど。


 つらつらと考えながら歩いていると、気づけば知らない道に来てしまっていた。辺りをキョロキョロ見回すが、見覚えのあるものは無い。

 まあ、来た道を辿れば帰れるし、何ならスマホに地図アプリも入っている。特に心配することは無いが……。


 しかし視線を元に戻した時、そこに現れた光景に腰が抜けそうになった。


「あなたは……!」


 僕の目の前に立っていたのは、昨日封筒を渡してきた黒い男。彼は目深に被った帽子の下で、低い笑い声をたてていた。


「――曽根崎のお役に立ちたくはないですか?」


 男の口から紡がれた名前に、握りつぶされるような痛みが胸を走った。


 ――役に立ちたくはないか、だと?


 僕は無意識の内に、ポケットにねじ込んでいた黒い封筒に指先を触れさせていた。

 男はくるりと背を向けると、足音一つもたてずに歩き出す。


「ついてきてください。案内してあげましょう」


 その言葉に僕は、ふわふわとした夢の中を歩くように、彼の姿を追って足を踏み出した。


 これはダメだ。まずいことになる。

 頭では分かっているのに、僕の中に根を張る何かが、前へ前へと進ませる。


 ――お前は結局、その身を捧げることでしか、役に立つことなどできないんだ。


 未だ僕を縛る呪いの声が、脳内で反響する。


 やがて、男はあるマンションの前で立ち止まった。そして呪文を唱えるよう、ジェスチャーのみで促す。

 僕は、ポケットの中でしわくちゃになった黒い封筒を取り出した。


「さあ、今こそ彼の役に立つ時です」


 封筒が開かれる。

 中から取り出したのは、銀色の文字で書かれた、あしとりさんを退散させる呪文。


 ダメだ、いけない、まずい、やめろ。

 僕は選ばなければ。彼女に言われたように、僕は。


 選ぶのか?


 誰を?


 今、誰かを選ばなければならないとしたら、僕は誰を選ぶ?


 ――少なくともそれは、僕であってはならないはずだ。


 僕は、震える声でその呪文を口にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます