第9話 三万円

 僕は夢を見ていた。

 温かい靄に包まれているような、心地よい夢。できることなら、ずっとここに立ち尽くしていたい気持ちになってくる。


 ふと、遠くに誰かの姿を見つけた。

 それは清楚な格好をしたセミロングヘアの女性で、にっこりと微笑んでいるようだった。彼女は手を後ろに回し、足はきちんと揃え、僕の様子を伺うように少し体を傾けている。


 この居心地のいい場所で、あの人と話せたらいいな。


 そんなことを思っていた。









「忠助、止めてくれ!」


 日が落ちて闇が広がりつつある空の下、何かに気づいた曽根崎が阿蘇に声を張り上げた。阿蘇はすぐブレーキを踏んで道路脇に車を停めるも、曽根崎はその前にシートベルトを外し身を外に踊らせていた。


「景清君!」


 彼が走り向かうのは、一人倒れている青年の元。曽根崎は景清を抱き上げると、声をかけながら揺さぶった。


「景清君!大丈夫か!」

「……う……」


 声を漏らし眉間に皺を寄せる景清に、曽根崎はひとまずホッと息をついた。

 ふと彼の手に握られた何かに目が止まる。指を一本一本剥がしなんとか取り出したそれは、何も書かれていない一枚の黒い紙切れだった。

 ――やはりアイツの仕業か。曽根崎は、怒りに奥歯を噛み締めた。


「兄さん」


 追いついた阿蘇が、曽根崎の後ろで青ざめている。曽根崎は慌てて片手を振った。


「眠ってるだけだ。命に別状はない」


 無論、今のところは、だ。曽根崎は、彼の身にこれから起こるであろう事を想像し、しかし打ち消すよう頭を振った。


「とにかく、彼の目を覚まさせなければ。忠助、何かあるか」

「突然言われてもな。俺も兄さんも、どっちかってぇと気絶させる方が得意だろ」

「物騒な事を言うんじゃない」


 頬をぺちぺち叩くも、景清は目を覚まさない。水でもかければいいのかもしれないが、あいにくそんな都合のいいものはなかった。

 どうすれば彼を覚醒させることができるだろうか。少し考えた曽根崎は、ある思いつきを実行することにした。

 景清を引き寄せ、耳元で囁く。


「――ただ今、ボーナスタイム実施中。今から一時間、私曽根崎の元で家事等のヘルプを引き受けてくれ人に限り、三万円を進呈します」

「やります!!」


 よし、起きた。目覚めた景清は道端で曽根崎に抱き起こされている事に気付き、混乱したように辺りを見回している。


「いや、景清君、どんだけだよ……」


 阿蘇が呆れたように呟いたが、曽根崎は気にせず景清に話しかけた。


「景清君、おはようさん」

「曽根崎さん?なんでここに……」

「後でまとめて説明する。君、体は大丈夫か」


 曽根崎の言葉に、景清は気まずそうに黙ってしまった。――大丈夫ではないんだな。まあ、そんなとこだろうと思っていた。

 曽根崎は景清の腕を掴むと、立ち上がらせる。


「詳しい話は後で聞く。とりあえず、事務所に帰るぞ」

「いや、ええと、僕は自宅に帰ろうと思うのですが……」

「何言ってんだ。君はもう十分首を突っ込んでいる。今更学業に専念できると思うなよ」

「……すいません」

「謝ることはない。ただ、色々と聞かなければならないことがある」


 景清は、見るからに落ち込んでいた。普段あまり見ることのない態度なので、曽根崎はむしろ興味深く彼を観察する。


「……君でもそんなしおらしい顔をするんだな」

「……そりゃ、するときゃしますよ。むしろ他の人よりするぐらいです」

「じゃあなんで私の前ではしないんだ?」

「なんででしょうね。お心当たりは?」

「無いなあ」

「無いわけないでしょ。胸に手を当てて考えてみてください」

「誰の胸に?」

「他でもないアンタの胸に決まってるでしょうが!むしろ、阿蘇さんとかの胸に手を当てて何が自覚できると思うんですか」


 いつもの景清の調子に戻ってきたところで、曽根崎はニヤリと笑って車へと歩いていく。景清はここでようやく自分が乗せられたのだと気づき、悔しそうに憎まれ口を叩きながら後をついていった。


 すぐに事務所に戻った方がいいのだろうと判断した阿蘇は、一足先に車に戻りエンジンをかけていた。助手席に乗りながらお礼を言う曽根崎に、首を横に振りながら返す。


「兄さん、すごいな」

「何がだ」

「景清君が一瞬で元気になったぞ」

「そうでもないよ。まだ様子が変だ」

「そうか?」

「うん。ま、その辺りも事務所で話して、今後どうするかを決めないとだが――」


 その時、曽根崎のスマホから着信音が鳴った。曽根崎は景清がちゃんと車に乗り込んだ事を確認してから、通話ボタンを押す。


「……藤田君?」


 電話の相手は、藤田だった。しかし、こちらもいつもと様子が違う。曽根崎はしばらく黙って向こうの話を聞いていたが、唐突に割って入り提案した。


「わかった。今から忠助を向かわせる」

「なんで俺?」

「忠助、藤田君はこのマンションの七階の747号室にいる。訪ねて彼をここに連れてきてくれ」

「聞けよ」


 曽根崎が話を聞かないのはいつものことだが、それにしても強引である。迷惑そうな顔をする阿蘇に構わず、彼は続けた。


「どうも藤田君は混乱しているらしい。最悪気絶させていいから、頼んだ」

「景清君の時の対応とは180度逆だな?ああもう、次から次へとお前は俺をこき使って……!」

「後でダイヤのネックレス買ってあげるから」

「いらねぇよ!っていうか兄さんが行けばいいだろ!」


 至極もっともな正論を述べる阿蘇を振り返り、曽根崎は言い切った。


「あの部屋二度と行きたくない」

「そんな部屋俺も行きたくねぇよ!」


 哀れみの目を向ける景清に見送られながら、阿蘇は渋々車から降りる。幼馴染の関係性がそうさせるのだろうか。それにしても不憫である。


 その数分後、半裸の藤田を抱えた阿蘇がマンションから出てきた。

 気を失った藤田を乱暴に後部座席に押し込む阿蘇を見ながら、恐る恐る何があったか尋ねようとした景清だったが、あまりの彼の剣幕に結局口をつぐんでしまった。


 しかし景清は、その時阿蘇が言った一言を生涯忘れることはなかった。


「去勢って素人でもできるかな」


 できないです、できないと思います、できたとしてもやめてください。助手席で手帳を見返す曽根崎の後ろで、景清は必死に阿蘇を引き止めていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます